2010/2/9

吹き始めの美学   - study

僕は常々吹き始めるときにハーモニカの穴番号を見るのはかっこ悪いと思っている。
(トゥーツは、たまに見てるけどね。)

メロートーンや270はしっかりその感覚(間隔)が身に付いていて、吹き始めに見ることはない。
(でもよっぽど慎重に音を出す時は見ることがあるかも。)

CX12にしてから、スライドレバーからの右手からの穴の位置がひとつ分違うので吹き始めに凝視する日々が続いていた。

で、最近気が付いたのは、右手からの間隔ではなく楽器を持ったときの全体のバランスで穴をヒットすることが出来ることに気が付いた。パラダイムシフトだ。

これからは、CX12でも突然持ち替えた270でも穴を見ないで吹けるようになるかも。。。

僕の場合、4オクターブはその間隔が培われていないので全くダメだよ。


あとね、よく吹く前にハーモニカのマウスピース全体をなめる?人がよくいるでしょ?
あれものすご〜くかっこ悪いと思うのだけど、どこかの流派では推奨なんだろうか?

吹く前にちょっとなめたところで、その音域に行かなきゃすぐ乾くぜ。
0



2010/2/11  20:53

投稿者:fuji-h

ども。
そうですよね。僕も唇が湿ってればいいと思うのです。
ハーモニカじゃないだろって。

2010/2/10  21:41

投稿者:りびけん

演奏開始直前に、ベロを外には出さずに唇を舐めて湿らせてやることはあります。たぶん、他人からだと「口元を引き締めてやる気を見せている」ように見えるんじゃないかと思うのですが。

ペコちゃん風に舐めるのはやはり美意識が許しませんのでした。
---
穴の位置? そんなもん、出た音から始めるんですよ(めちゃくちゃ)。

http://twitter.com/Reviken

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ