2010/10/20

クロマチックとの出会いは松戸  diary

僕の楽器歴を簡単に書くと中学の時にギターを始めて、高校でブラバンに入ってサックス、大学はビックバンドでサックス、でも1年で辞めて、その後はいわゆるキャバレーに行っておりました。

そのキャバレーは19歳くらいから行って、その後7年位行ってたか?最初3年は、レギュラーで、その後は就職したってこともありトラでちょくちょく行っていました。サックス、ベース、ギターって感じで何でも有りの便利なトラでした。

サックスは、最初アルトでそのあとテナーだったりしたのですが、そこで会ったサックスの人達は上手い人が多く、僕はサックスは上手ではなかったので、こりゃ勝てないとフルートを練習したりギターやベースもやってみたりしてサックス以外のことに力を入れてました。

クロマチックハーモニカとの出会いは、そんなキャバレー通いの3年目位のある日、ジャコパストリアス好きのベーシストが控え室で、たどたどしくではあるがソフィスティケイテッドレディをハーモニカで吹いてるじゃないですか?

ハーモニカはその以前から知ってましたが、それはブルースハープだったんかなぁ?それは半音が出せないのでジャズは出来ないな〜漠然と思ってました。

その一方でトゥーツシールマンスは知ってました。記憶が定かではないのですが、おそらくジャコのバンドが来日したのが高校生くらいの時でしたから、その頃から知っていたのでしょうか?
でもトゥーツ以外のハーモニカはいないことは知っていたので、何かすごく特殊なものだろうな位にしか思ってませんでした。

で、ソフィスティケイテッドレディが吹ける、つまり半音階が出せるそのハーモニカはいったい何?というのが僕のクロマチックハーモニカとの出会いでした。

楽器に関しては思い立ったら即実行の僕は翌日に同じ楽器を買いに行きました。実はその楽器はトンボのフォークヤングという楽器でした。

その後トゥーツが使ってる楽器とはちょいと違うことにすぐ気が付きホーナーのスーパークロモニカ270を買いました。23歳になったばかりの11月の出来事です。

そんなクロマチックとの出会いがあったのが松戸の某有名キャバレーチェーン店でした。
ちょいと検索したが、その店は今はなくなってるらしい。


で、実は本題です。今度の22日金曜日にその懐かしい町、松戸のコルコバードってお店でハーモニカとピアノのデュオでライブをやります。
http://www7b.biglobe.ne.jp/jazz-bossa-corcovado/index.html
ピアノとハーモニカなのですが(セッション有り)と思いっきり表記されているわけのわからない状態になっておりますが、どうやらウッドベースが置いてあるらしくセッションのときは僕はベースになるような気がひしひしとしてはおりますが、もしご興味、お時間等ある方はお越しください。

以上、実は宣伝でした。よろしく。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ