2012/5/3

僕の音楽  diary

僕のやりたい音楽は、ジャズなんだなぁと思う。

というのはネット時代になって、いろんな人がいるなぁってことでいろんな音楽ジャンルがあるなぁと改めて思う。

ネット自体のちょっと前は(90年代位?)、ジャズのライブハウスによく行っててジャズが好きな人ばっかりしか知り合いがいなかった。

最近はあんまりライブハウス行ってなくて、ハーモニカやらウクレレでネットで交わっているとジャズがいかに極一部のジャンルなんだなぁつくづく思う。

でも、僕がやりたいのはジャズ。
あんまり小難しいコンテンポラリーなジャズは出来ないけど。あと逆にバップ以前の古いのも難しいんだよなぁ。(そう考えるとまた狭いなぁ。)

アドリブって言っても実は大部分決まったフレーズを吹いてるんだけども、僕にとっては頭を空っぽにして出てくるフレーズを楽しむってのがジャズの醍醐味なんかなぁ。極々たま〜に自分でもびっくりするフレーズの組み合わせが出てくるとたまらない。

曲のメロディーをそのまま吹くってのは、仕上げ加減にいろいろ段階があるんだろうけどいつでも出来ること、というかそういうトレーニングをするものなのだよなぁと思ってる。

あとクロマチックハーモニカ吹きに多いのだけどのハーモニカの音楽なら何でもいいというか、まずハーモニカありきの人がいたりするけど、僕はクロマチックハーモニカがもしメーカーから供給されなくなってもほかの楽器で音楽(というかジャズ)は続ける。まず音楽があっての楽器だ。たまたまクロマチックが一番上手く操れるから続けてる。

最近ハーモニカ練習しないで、ウクレレばっかり弾いてる。
子供がちょろちょろしてて練習できないって事が一番だけども、今はそれでもいいというか何とかなる気がしてる。

頭(心?)の中のジャズ力を高めるんだったらアドリブやコードなんかはウクレレで鍛えて最低限のハーモニカの練習でも出来る。。。かな。

ユーチューブに動画アップしてるけども、人に聞いてもらいたいってのはあるけど、それと同じくらいその辺のところを自分でチェックするためでもある。間違いなく僕が一番聞いてる。
録音したものを引っ張り出して聴くより、なんか思いついたときにすぐにパソコンやら携帯で聴けるって便利。おそらく僕が死んでもユーチューブは残るしなぁ。
http://www.youtube.com/user/takafuji175
昨日録音したハーモニカはフレーズ何かの発想力とか歌い方はそこそこすぐ戻るけどやっぱ根っこの音色は戻らないなぁと。。。って練習しなきゃダメじゃないか。。。
2



2012/8/13  23:28

投稿者:pf.風雅

藤原さんの音楽談義は面白いですね。楽器は幾つかできるのがいいと思います。今ジャイアント・ステップスを練習しているのですが、まずは鍵盤で徹底的に弾けるようになってそれからハーモニカです。
自分が吹くとなぜかがっかりしますが、吹いているときはいいと思ってもやはり録音を聞くと幻滅します。
はやくこれっていうものを吹けるようになりたいです。



http://blog.goo.ne.jp/arrowfieldshine/

2012/5/13  22:10

投稿者:fuji-h

真田さんが言ってたのですがトゥーツはハーモニカ界の人じゃなくなってると。

あと、クロマチック普及云々はT教室の人の発言に感じられるのですが、彼らは商売の種ですからね〜。

まず音楽が大切です!

2012/5/13  7:39

投稿者:Katsuya

この記事は、読んでてすごく魅力的でした。
ハーモニカありきは、まさに私がそうです。でも、最近少し緩和されました。ハーモニカが供給されなくなったら、自分で作るかなぁ〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ