2012/5/4

トゥーツ参加CD:Sesjun Radio Shows Bill Evans +  Toots

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004PHPZH2/ref=oh_details_o00_s00_i00
ビルエバンスのラジオ放送用の録音。DISC 2の79年12月録音にトゥーツシールマンスが
5.Blue in Green
6.The Days of Wine And Roses
7.I Do It For Your Love
8.Bluesette
9.Five
の5曲参加。
クリックすると元のサイズで表示します

最初3曲は、エバンスの名盤「アフィニティ」からの選曲ですね。
アフィニティが78年なので1年後の再会セッションみたいな感じでしょうか?

低い音域があるのでトゥーツのハーモニカは4オクターブだけども64ではない感じです。

演奏は及第点はあげられるけども、逆にアフィニティのレコーディングがものすごい集中力でいい録音が出来たんだなぁと改めて思います。
形が出来上がったビルエバンストリオに入っていくって並大抵のことじゃないのかなぁ思います。もちろんこれほどのメンバーですから水準以上の演奏してますが、一体感とか熱さがないな。

話は変わりますが、最近ユーチューブで見っけたこの↓グッドライフにはまってます。
この曲は僕は持っていないので調べるとおそらく68年の録音らしい。60年代って録音が少なくてどんな演奏していたのかよくわかりません。69年になるとクインシーのバンドやらエリスレジーナの共演ものがありますが、バップに忠実な50年代から変わるあたりの録音が残っていないか今手に入らないのだ。

これは、10年位前にCDが出てたみたいだが、どこ見ても売り切れ。欲しいなぁ。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ