・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

 

プロフィール 30年版  プロフィール

このプロフィールが常に一番上にあります

最新記事はこれより下の記事から始まります

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼などはこのページ右側の            

【 メッセージBOX 】       

『送信画面を開く』

からお願いします 

 
                 問い合わせ・ご依頼などの電話は

        080-5221-8825      福島まで
                   

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています



1) 絵本講師とは
 
子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は

良い事だと知っています


しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは

非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか

なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか

どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません

そんなお話をわかりやすく、楽しく伝える事をしています


絵本講座は様々な場所で開催いただいております

スケジュールが合わない

開催地まで行けない

などの人向けには

絵本講座個人版

も出来ます、依頼者自宅近辺のカフェなどで

お一人でも受講できます


料金などは問い合わせください

 

柳都オレンジスタジオカルチァースクール
       「子育てママのための絵本楽」講師担当


クリックすると元のサイズで表示します

 

 


平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師
        保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん

保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など

多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています

主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、

との話を、現場を体験した経験から講演をします

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や

心がまえなどを講演します

これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の

大切さを講演します 


講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます 



大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト



2) 絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる

絵本らいぶをしています


保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター

開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館

居酒屋・レストラン・など、どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら

大人が絵本を楽しむこともできます

絵本らいぶを見た人からは

「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を

多数いただいてます


絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ

年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの

親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・

大人向けなど、いろんな形で出来ます



ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います

年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の

絵本らいぶが出来ます

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)



電話にて質問・依頼などの場合は 

 080-5221-8825  

までお願いします、各種料金などの問い合わせも遠慮なくどうぞ


絵本講座の開催・その他ふくちゃんへのメールは


このブログの右側の

メッセージBOX 「送信画面を開く」からお願いします


折り返しメールにてお返事をさせていただきます ありがとうございました


8

2018/12/9  6:04

絵本を読んで泣いてもらう?  絵本の読み聞かせ




あちこちで話している事だが

2005年に絵本を読み始めた時に一番つまずいたのが

女性の話し言葉で書いてある絵本の多さだった

なぜか読み聞かせを志すことになって手にする絵本が

女性言葉のものばかりだったのです

たぶん長く読み継がれていてタイトルくらいは知って

いるので手に取る、するとそれが女性言葉のものだった

そんな事だったのではと思う


その後男性の絵本作家さんの絵本に出会い、さらに

長新太さんの絵本を知り、以後「絵本は楽しい」路線

を突き進み今に至ります


自分の事で恐縮ですが、かなり素直ではありません

感動・感激しても人前ではあまりそのことを言いません

涙を流して泣いたことも、もういつの頃だったのか

忘れてしまっているくらいです


映画を見て感動しても「このくらいでは泣けない」

などとハードルを上げて?しまい泣きません

だからなのかもしれません



「絵本を読んだら泣いた」聞く方が泣くのですが

たまに「この絵本を読み聞かせていて泣いた」

などと読む方も泣くことがあるらしいです

これが苦手です、でも羨ましいです

この人たちは素直に感情に浸ることができるからです


先日小学校2年生にこの絵本を読みました

何人か鼻をグズる人がいました、泣いているのか

風邪ひいていたのか相手を見ていないのでわかりません

泣いていたとしたら良く絵本を理解して感性豊か

な子どもたちかなと思われます


「聞き手が泣いてくれた」としたら

ここはやはり読み手も気分が良いです

良い絵本を読んだ

聞き手も感激して涙した

などとこの日は「してやったり感」

も味わいながら教室を後にしたものです


でも、でもなぜか自分にはしっくり感が

足りませんでした

それは自分の立ち位置のせいだと思います

「絵本を読んだことも読んでもらったこともない」

そんな人たちに絵本を読んでほしい、と願う

それが自分のスタンスです


絵本を身近にする人たちにはなかなか信じてもらえ

ませんが、絵本を読んでもらったことがない人たちの

ほうがはるかに多いのが現状なのです

その人たちにまずは絵本を手に取ってほしいため

「絵本は楽しい」とのことを体験してほしいから

そしてそのことを伝えたいのでまずは一歩で

自分は楽しい絵本を読み続けているのです


そんな事が根底にあるので

涙する絵本を読んでも「しっくり感」が

足りないのかもしれません

ま、素直になれない自分の性格の問題かも

しれませんが


ただ、ひとつだけ自分の中に言い聞かせたい

ことを知りました

絵本を読んでもらって感激できる人たちだけ

に向けてそのような絵本を読んで気分良くして

いると、そうなれない人たちの事を忘れて

しまうのではと思いました










2

2018/11/24  10:30

講座受講 障がいのある人の尊厳を考える  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



新潟国際情報大学のやオープンカレッジを受講して来ました


障がいのある人の尊厳を考える

〜津久井ヤマユリ園事件をめぐって〜


関心のあるテーマだったのでどのように

お話ししていただけるのか

との思いで受講しました

障がい者の大量殺人というとてもショッキングな事件でしたが

被害者の名前は公表されずにいつもならば「被害者像」を連日

とりあげるメデアも沈黙を守っていたようです


正直に言えば自分も障がい者に対する偏見や

差別感を少なからず

持っていると自覚している



今日の話の中で

************
「差別したい私たち」がいて

「差別したくない私たち」もいる
*************

とのことで、あーそうなのかと少し救われました


大量殺人の動機は「孤独と絶望感」自暴自棄とのこと

孤独と絶望感は大小あるが皆その経験は

あると思うが大量殺人はしない

テレビ番組の街頭インビューで「

あなたの人生のどん底は」

との質問を一般の人たちに聞いていた、

結果的に皆さんはどん底を

抜けることができたのは

「周りにだれかいて共感してくれた」から

かもしれないと感じました


孤独と絶望

普通に暮らしていれば住みよい社会と思っていたら

孤独感も絶望感も救うことができない社会なんでしようか

ただ一人で良いと思うが、よりそい話を聞いてくれる人は

いなかったのでしょうか


今日の話で

***************
価値観を持ち

その価値観は振り回さず

価値観の違う相手を尊重する

そしてコミュニュケーションを深める
*****************

とのこと


やはり鍵は「コミュニュケーション」でしょうか





2

2018/11/18  17:04

絵本の格差社会  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します




「絵本ワールドinにいがた2018」

出かけて見ました

このイベントは自分も助成を受けている

「こども夢基金」の助成事業で数年前から行われていて

自分が関わっている「にいがた絵本セミナー」

とほぼ日程がかぶって行くことが出来ませんでした

絵本ワールドinにいがたの方は助成が自分の事業

の10倍ほど100万円単位でいただいているようで

主催も地元の新聞社ということで規模はかなりの

ものとなっています、なんせ全県版の新聞で告知

も数回に分けてされています


会場に着いてぴっくりです、フロアーが人混みで

ぎっしりです、いくつもある会場前には行列が

出来ています、読み聞かせの部屋は満席で入れ替え制

となっていました


とにかく親子連れだけでなく一般の人達も多くいて

絵本イベントにこんなに多くの人たちが集まる光景

に出くわすのは絵本の世界に入るきっかけとなった

イベントを見に行って以来です


このイベントに偶然出くわした人が見たら

「絵本とはこんなに人気があるものだ」

と思うかもしれません、そして子育てをしている

親は皆家で子どもに絵本を読んであげているのだろうな

とも思うかもしれません


自分の講座では子育て中の親が我が子に絵本を読むのは

とても少ないのです、と話してもあまり信じてもらえません

それは「絵本が好きな人たち」は自分の周りも皆絵本好き

なのです、そしてこのようなイベントにも積極的に参加

しています、今日の会場の混雑は当然ではと考えています


でもこの混雑は世間全体からみれば「一部の現象」なのです

この現象が世間一般的ではないのです


絵本は楽しむ人たちはかなり積極的に読んでいます

しかし読まない人たちはほとんど読みません

それは「絵本の格差社会」とでも呼んで良いかなと

思うのです、それほど賑わっていたイベントでした

2

2018/11/14  5:57

小学校で絵本を読むとは?  絵本の読み聞かせ

地域の小学校で時々絵本を読んでいます


数年前自分の子どもが登校している学校に

保護者さんが直接

「朝の時間に絵本を読ませて欲しい」と交渉して

学校側が受け入れてくれて読み聞かせボラ

ンテアを募り徐々にメンバーも増えて行き

その機会も多くなり朝学習に絵本とのことが

定着した経緯があります


自分も参加させていただいていますが

年々その機会が少なくなっている気がします

学校の朝の時間が忙しい

ボランティアさんが忙しくてメンバーが

足りなくなってきた

など理由があるかもしれません


読み聞かせボランティアさんが小学校

で絵本を読むことの意味もこの小学校では

参加している皆さんの思いもいろいろある

ようですが、自分が小学校で絵本を読むのは

「地域の子どもたちとの出会い」

になるとの意味で通っています

我が家が小学校に近いこともあり

下校する、特に低学年の子どもたちからは

道端で会うと「あーふくちゃん」と声を

かけてもらえます、幸せなことです

小学校で絵本を読むだけで地域の大人と

子どもたちが気軽に挨拶を交せる関係に

なっているのです


さらに地域のボランティアさん同士のつながり

も出来て地域交流にもなっていると感じています

小学校は勉強をするところだと思います

が、学校が忙しいから地域の大人との交流になる

朝の絵本の時間が少なくなるのは寂しいなと思う

ところです


小学校で地域の大人が絵本の読み聞かせをする

その意味を再度考えています


画像は今度小学校で読んで見たい絵本です








 

1

2018/11/13  10:35

平成30年の予定  スケジュール

決まっている予定をお知らせします

以下に公開していない予定もあります

ご依頼はメールや電話をいただければ

日程相談させていただきます

絵本講座・絵本らいぶの費用などの問合せも

ご遠慮なく問い合わせください
 


H30年



11月1日(木) 柏崎市 米山台保育園 

11月22日(木) 坂井輪小学校

12月13日(木) ディサービス施設

12月18日(火) 坂井輪保育園 3歳児

1月18日(金) 坂井輪保育園 4歳児

2月13日(水) 坂井輪保育園 5歳児

2月下旬日程未定 中学校で絵本授業 

3月7日(木)  坂井輪保育園 2歳児

**********************************

終わりました

1月14日(日) 三条市「さぎの森文庫」絵本らいぶ

          大雪のため施設側都合で中止となりました

1月27日(土) 福島県会津三里町本郷幼稚園 絵本講座

1月29日(月) 秋葉区文化会館 アウトリーチ事業

2月2日(日) 新潟市西区 坂井輪小学校 5年生 

2月4日(日) 三条市「さぎの森文庫」絵本らいぶ

2月6日(火) 地域小学校3年生に「昔生活を語る」授業

2月15日(木) 新潟市南区白根保育園 絵本らいぶ

2月16日(金)柏崎市 ふたば保育園 絵本らいぶ

2月17日(日)にいがた西っこふゆまつり 絵本らいぶ

2月22日(木) 新潟市西区 坂井輪小学校 4年生

3月2日(金)  新潟市西区 坂井輪小学校 6年生

3月4日(日) 

「佐渡市 佐渡子どもと絵本をつなぐ連絡会
            絵本らいぶ&絵本講座」

3月8日(木) 新潟市西区 坂井輪保育園 全園児

3月9日(金)  新潟市西区 坂井輪小学校 2年生

3月11日(日) 三条市「さぎの森文庫」絵本らいぶ

3月14日(水) 新潟市江南区 かめっこひろば 

3月15日(木) 新潟市中央区こすもすどりーむ
               絵本らいぶ

 
3月19日(月) 新潟市下山保育園 絵本らいぶ

4月11日(水)専門学校 授業

4月18日(水)専門学校 授業

4月25日(水)専門学校 授業

5月9日(水)専門学校 授業

5月16日(水)専門学校 授業

5月25日(金) 坂井輪小学校

5月25日(金)専門学校 授業

5月27日(日) 東京 絵本講師勉強会

5月30日(水)専門学校 授業

5月31日(木) 新潟市西区 坂井輪小学校



6月6日(水)専門学校 授業

6月8日(金) 専門学校 授業

6月13日(水)専門学校 授業

6月14日(木) 新潟市西区 坂井輪小学校

6月14日(木)中央区蒲原幼稚園 絵本らいぶ

6月20日(水)専門学校 授業

6月27日(水)専門学校 授業

7月4日(水)専門学校 授業

7月6日(金) 坂井輪小学校

7月11日(水)専門学校 授業

7月13日(金) 新潟市西区坂井輪小学校2年生

7月21日(土)  新潟市江南区子育て支援センター

7月25日(水) 会津坂下 絵本講座

8月6日(月)  FMにいつ ゲスト出演

8月25日(土)  新潟市子育て支援センター

8月28日(火) 柏崎市 保育園

9月4日(火) 新潟市 坂井輪保育園 全園児 絵本らいぶ

9月5日(水)専門学校 授業

9月6日(木) 新潟市中央区子育て支援センター
         ピアノさん

9月7日(金) ディサービス施設 絵本らいぶ

9月13日(木) ディサービス施設 絵本らいぶ

9月14日(金) 新潟市西区坂井輪小学校

9月15日(土)  新潟市子育て支援センター

9月18日(火) 新潟市中央区子育て支援センター

9月21日(金) 福島県 郡山市 研修会講師

10月3日(水) ディサービス施設 絵本らいぶ

10月19日(金) 柏崎市 なかよし保育園

10月20日(土) 絵本で子育てセミナー講師

10月21日(日) 新潟厚生連 小千谷総合病院 絵本らいぶ

2

2018/10/20  10:00

絵本講座をなぜ主催するのか  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


今年も絵本セミナーを主催しました

以前は自分は主催者としての立場

でしたが昨年から1コマを担当することにしました

今年のセミナーの自分のコマは無事に

終わり、参加者の皆さんのアンケート

も好意的な感想が多くうれしい限りです


10年ほど前にそれまで読んだことが

なかった「絵本」を読もうと思って

「絵本の読み聞かせ」講座なるものに

何回か参加しました

それはほぼ「読む技術」や「絵本の中身」を学ぶ

講座や勉強会でした


それらは「絵本が好き」の人達に向けた学び

なのです、当たり前ですが

絵本の嫌いな、好きではない人達に向けて

の勉強会はやらないでしょうね


ところが本当は読んでほしい子育て現役

の皆さんで日常的に家で我が子と一緒に

絵本を楽しむ世帯がとても少ないことを

知り(このことだけで講座ができます)

だったら絵本を読んでいない人達に

向けての学びの場を作りたい

そんな思いで始めた

絵本で子育てセミナー

なのです


残念ながらこのような学びの場は

あまりありません

極端な言い方ですが

絵本はあまり読んだことがない人達

に向けての講座をしたいのです

子育て中の世帯で毎日親子で絵本を

楽しめるようになって欲しいからです


ほかにこのような学びを主催する

ところがあまりないので自分で主催をすることに

したわけです


もちろん、他の主催者さんに呼んでいただき

出向いての講座も続けております

今年の絵本セミナーは

10月27日(土)秋葉区新津図書館で

最後のコマとなります
1

2018/10/10  17:27

先生も悩む?  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します



2018/10/24 読売新聞

先生の相談室

先生も悩むようでこうやって相談するんですね


「授業に集中しない」

わが身を思い出してしまった

中学校時代の数学を始めとするほとんどの授業

は全く理解できず集中するなどあり得ない状態でした

かといって私語や騒ぐこともできず

ただただ難行苦行の毎日でした

よってテストで零点は何回もあり

通知表は5段階評価で煙突とガチョウさんが

並んでいました


高校の国語の先生が教科書を全く使わず

オリジナルのテキストを毎回用意して授業を

してくれて結構わかることがあり

それまで学校の授業とは自分には理解できない

と決めていたのだが、わかる事もある

わかる教え方をしてくれる先生もいる事を知った


社会人になり仕事のために使う勉強もしたが

ちっとも楽しくなくしょうがなくやっていたので

自分の役にたったのかは、いかばかりかと自信がない

以来「学ぶ」というものはそんなものと決めつけていた


月日は流れてなぜか絵本の世界に足をつっこみ

これまたなぜか人様に「話を聞いてもらう」稼業

をすることになりその学びは意外にもすんなりと

頭に入ってくることが多くある

これは一体どうしたことなのかと今更だが

驚いている


それがこうして10年以上続いている

そして心がけているのは

「相手に伝わる話」を分かりやすく伝える

と言うことです、これは「飽きない講座」をすることに

つながっているのでは思っています


そう考えるとあの難行苦行の授業時間を

耐え続けた?のはまんざら無駄ではなかった

などと自らを評しています

人生何がどうなるのかわかりませんね




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ