家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

 

福島はるお活動プロフィール  プロフィール

クリックすると元のサイズで表示します

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。


「パパと絵本de子育て参加の会代表」





絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。


絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない


などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30〜120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます



【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】

保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表


保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます




大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。



絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。



ピアノ・ギターさんなどを入れた

                            絵本らいぶ


歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)


過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは左側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。



料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要

-----------------------------------------------------------
絵本らいぶ
   ピアノまたはギターさん付バージョン
   40000円(税別) 移動費用は同上
-----------------------------------------------------------
ふくちゃん一人バージョン
   30000円(税別) 移動費用は同上 
-----------------------------------------------------------
絵本講座 個人版 (ひとりで受講)
   10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
-----------------------------------------------------------
行政様・各種団体様などご予算が決まっている
場合はご希望金額をお知らせください。

クリックすると元のサイズで表示します



絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

3

2021/9/28  7:35

令和3年のスケジュール  スケジュール


新潟県 新潟市 絵本講師 絵本らいぶ 絵本




R3年のふくちゃんの予定

ご依頼お待ちしています






9月24日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

9月27日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

10月7日(木)  こすもすどりーむ 絵本らいぶ ピアノver

10月15日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

10月18日(月)  蒲原食堂 絵本らいぶ

11月23日(火) 新潟県三条市 絵本らいぶ ピアノ付Ver

12月17日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

1月21日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

2月18日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

3月3日(木)   こすもすどりーむ 絵本らいぶ ピアノver






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わりました



2月14日(日)  オンライントーク(生)

2月22日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ



3月4日(木)  新潟市中央区 支援センター 絵本らいぶ ピアノ付

3月8日(月)  蒲原食堂 絵本らいぶ

3月24日(水)  刈羽村小学校 絵本らいぶ 



4月19日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

4月24日(土)  田上町地域学習センター 絵本らいぶ ピアノ付

5月17日(月) 新潟市 神原食堂 絵本らいぶ

5月28日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

5月30日(日) zoom 講座 ふくちゃんに聞く
       男性ならではの読みきかせ体験談


6月14日(月) 新潟市 神原食堂 絵本らいぶ

6月18日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

6月26日(土) こやす認定こども園 絵本らいぶ ピアノver




7月5日(月) こすもすどりーむ 絵本らいぶ ピアノver

7月9日(金)  こやす認定こども園 絵本らいぶ

7月12日(月) 新潟中央短期大学 授業

7月26日(月) 蒲原食堂

8月5日(木) 新潟県刈羽村 小学生向け絵本らいぶ

8月7日(土) 蔦屋書店河渡店 絵本らいぶ


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

4

2021/9/24  9:45

絵本らいぶ No1041  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



2歳児クラス








3歳児クラス





4/5歳児クラス









月/1回開催の こやす認定こども園 です

先月はお休み月なので久しぶりです

子どもたちに ふくちゃん 覚えているかなー

と聞くとみーんな手を上げてくれました

優しい子どもたちですね〜


3歳児クラスに入ってご挨拶をしていたら

「時計ないの?」と聞いてくれる子どもが

いました

おー忘れていた、鞄から取り出したら

ありゃりゃ 電池がないなー

などと独り言を言ったら

前の子どもが

「ぼくんちにでんちあるよ」

と教えてくれました

これまた優しい言葉ですね

うれしいです


子どもたちは一ヶ月合わないうちに

ものすごく成長していて

コミニケーションが上手に

なりました

始まる前の子どもたちの話を

聞いているだけで楽しくなります


絵本を読まなくても楽しい時間

を過ごせますね

絵本は親子ふれあいのコミニケーションツール

と話していますが実感します

ふくちゃん絵本らいぶ

実は絵本も楽しいけど

こうやって子どもたちとの

お話タイム? があるので

楽しいんですねー


絵本1冊だけにしようかなー

と言ったら、先生が

「ふくちゃんの絵本もっと見たいーい」

てな突っ込みをしてくれました

うれしいです

先生のサポートも入り

今日も楽しい絵本らいぶでした

来月もありますよー




**************
絵本楽語家 絵本リスト ブログはこちらに移動して

統合いたしました

これより以前の記事 No 1032から N0 0001 は

  こちら  から見てね

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2021/9/11  17:23

絵本の読み聞かせが辛いのはなぜか?  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



画像は ABEMA TV  の動画を静止画にしたものです

本日の yahoo ニュース でとても興味ある記事が

でました 

読んだところで大きくうなずきました

「やっとこのようなことが話題になったか!!!」

と叫びたくなりました


そのわけは

絵本講座や読み聞かせイベントで

子育て中のママさんからは似た声を以前より

聞いていました


読み聞かせは難しい

どんな絵本を読めばいいのかわからない

読み方はどうしたらよいのか

登場人物の声は使い分けるのか

抑揚(この言葉も業界用語ぽい)を

つけるのかつけないのか

読み聞かせに適した絵本ってどんなもの


などなどの声は何年たってもなくなりません

自分が絵本の読み聞かせの世界に入って

15年たちますが当初から現在もママさん

からはこのような声を多く聞きます


最初に結論を言います

なぜ読み聞かせが辛いのか?

答えはシンプルです

【わが子への絵本の読み聞かせが楽しくないから】
(楽しくないから辛いのですが)

え〜そんなことはないよ楽しいよ

と言われる方は多くいらっしゃいます

が・・・

そのような方は読み聞かせは辛くないでしょう

ではなぜ楽しくないのか

読み聞かせの教科書みたいなことが

世の中一般に広まっているからです


以下に書きますね

自分がこのブログを立ち上げた当時に

感じたことは

「絵本の読み聞かせの世界とは

なんとマニアックな世界」だと

言うことです

愛好家というのかどうかはわかりませんが

絵本の好きな人たちが、

その人たちだけに通じる思いを共有して

それを教科書のごとく敬い、広める

活動に邁進している

「限定循環型社会」だと言うことです

全く個人的な感想です


何を言うのだ

とおっしゃる方には申し訳ありません


ABEMA TV  の女性アナウンサーさんも

「読み聞かせは難しい」「登場人物の声の使い分け」

はどうしたら・・・

のような発言をしていました


これがまさに

「絵本の読み聞かせ」の世界なのです

世の中の「絵本の読み聞かせ」というもので

混同されているものがあります

(1) 多数の聞き手に一人の読み手が読む

  (いわゆる読み聞かせ会)など

(2)  家庭で父母・祖父母がわが子や孫(複数もあり)

  に絵本を読む

この(1)(2)がごちゃ混ぜで世の中に「読み聞かせ」

というものが知られてしまったのです


具体例述べます

アナウンサーを職業としているママさんが

仕事でテレビやラジオで読み聞かせをする

時は世の中に知られている「読み聞かせ方」

をしている場合があります

活舌よく抑揚をつけず・めくり方が美しくなどです

しかしそのママさんもお家でわが子に読む場合は

そのようなスタイルはとらないと思われます

というか、そんなことには気を使わずに

親子で絵本を楽しんでいると思われます


なぜか

お家で親子で絵本の時間は

絵本を使って親子が楽しい時間を過ごす

ためなのです

そこには

「決まりごとは必要ありません」

何度も同じページを見たり

逆から読んだり

文字のないセリフをつけ足したり

しても問題はありません

要するに

お家で親子が絵本を楽しむときは

何でもありの世界でよいのです

ひたすら楽しむために絵本を

使いましょう

福島データでは

子育て現役の世帯で日常的に

わが子と絵本を楽しんでいる世帯は

20%前後と言っています

よって八割の子育て世帯では絵本は

日常的には登場しません

今回のABEMA TV の 9割が

辛いと言ってても不思議ではないのです

お家で絵本は気軽に読みましょうね


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

6

2021/8/30  12:30

絵本らいぶ No1040  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します















月一回開催の蒲原食堂です

子どもたちがお休みではない

月曜日なのでランチを食べに来るのは

大人の皆さんです

これが面白い

常連の方がいてこちらが読む絵本を

解説してくれます

これがまた的を得た解説で楽しい

なーるほど、と感心すること多々あります

さらに絵本らいぶがあるということで

この日に来てくれる人もいて絵本ファン

度の濃さを見せてくれます


お客様同士が絵本について意見交換?

をしてくれるときもありますよ

今日は開始前に親子で絵本について

一言二言お話をさせてもらい

ミニミニ絵本講座の雰囲気もありましたね


絵本講座といえば今日ビック情報が

ありました、まだ内緒よ




絵本楽語家 絵本リスト ブログはこちらに移動して

統合いたしました

これより以前の記事 No 1032から N0 0001 は

  こちら  から見てね

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2021/8/17  19:53

二次需要書店で買った絵本  絵本講師




二次需要書店で買いました

お得感満載のお値段でしたが

画像のamazon クリックしたら

なんともっとお買い得てすね

この絵本の価値ってそうなんですか


14年前に出版されています

ほぼ新品状態でしたよ

ここにくるまでにどんな道を

歩いてきたんでしょうか


オノマトペ

ガタンゴトン・ジャージャー

など赤ちゃんが好きそうです

大人も好きだっていいんですよ

この絵本を見つけて思いつきました

絵を見てどんな音をイメージ

できるか、楽しそうです


絵を頭の中に動画にして見ると

音が聴こえてきそうですよ

絵の遠くに聴こえる音もあります


そう考えると、音って面白いです

絵を動画にイメージしてオノマトペ

いいんじゃないですか

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2021/8/14  18:08

「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』  映画も楽しい



クリックすると元のサイズで表示します






お盆休暇につきGAYOで無料映画鑑賞

に努めています

手に負えないクラスを持つことになった

担任がある提案をします

「アウシュビッツ」についての

発表会を提案します

当初気乗りしなかった生徒は

担任と司書の導きで段段と

クラスがひとつになり

最後はなんと・・・・

というお話です


教える・学ぶではなく

どうしたら興味を抱いて

くれるかという先生の熱意

それを的確に助言して

存在を示す司書さんには

憧れを覚えた

こういう先生と生徒もいる

んですねー 面白い作品です

余談ですが、生徒がひとつに

なる場面とラストの感動シーン

で、ドビッシーの「月の光」

BGMとして使われていました

暗闇から漏れる月の光をイメージ

して使用されたのでしょうか

生徒たちは雲をはらってやれば

月の光になれるんでしょうね

この先生は何と幸せな

先生ですね



話は変わり

中学の時の通知表が五段階

評価でほとんど「1」と「2」

しかなかった身にとっては

この手のお話に出てくる先生

を見ると己の無能を棚に上げて

先生との出会いに恵まれなかった

などと今でも嘆いています

おかげというか、相手に思いを

伝える、ということには社会に

出てからは気をつけるようにな

りました


自分がわかれば相手も分かるわ

けではなく、相手が分からなければ

伝えたことにはならない

などと常に思っています


勉強とは

「学んだことを知らない

人に教えること」

自分の中の柱にしています


画像は「てつがくかふぇ」

のテーマにしてもらった

「学び」のボードです




絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

4

2021/8/11  12:20

映画 「緑の牢獄」  映画も楽しい




新潟市シネウインドで見ました

かつて日本の基幹エネルギーの

多くは石炭だったのだろう

その石炭は「炭鉱労働者」と呼ばれる

人達によって成り立っていた

本作は西表島にあった炭鉱で働く

夫を持つおばあちゃんの

ドキメンタリー映画です

日本の炭鉱政策によって

自分の意思とは関係なく

働かなければならなった悲劇

今のエネルギはこの人達の

犠牲で成り立っているのではと

考えることが必要だと

思った

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ