・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

 

プロフィール 30年版  プロフィール

このプロフィールが常に一番上にあります

最新記事はこれより下の記事から始まります

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼などはこのページ右側の            

【 メッセージBOX 】       

『送信画面を開く』

からお願いします 

 
                 問い合わせ・ご依頼などの電話は

        080-5221-8825      福島まで
                   

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています



1) 絵本講師とは
 
子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は

良い事だと知っています


しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは

非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか

なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか

どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません

そんなお話をわかりやすく、楽しく伝える事をしています


絵本講座は様々な場所で開催いただいております

スケジュールが合わない

開催地まで行けない

などの人向けには

絵本講座個人版

も出来ます、依頼者自宅近辺のカフェなどで

お一人でも受講できます


料金などは問い合わせください

 

柳都オレンジスタジオカルチァースクール
       「子育てママのための絵本楽」講師担当


クリックすると元のサイズで表示します

 

 


平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師
        保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん

保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など

多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています

主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、

との話を、現場を体験した経験から講演をします

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や

心がまえなどを講演します

これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の

大切さを講演します 


講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます 



大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト



2) 絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる

絵本らいぶをしています


保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター

開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館

居酒屋・レストラン・など、どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら

大人が絵本を楽しむこともできます

絵本らいぶを見た人からは

「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を

多数いただいてます


絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ

年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの

親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・

大人向けなど、いろんな形で出来ます



ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います

年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の

絵本らいぶが出来ます

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)



電話にて質問・依頼などの場合は 

 080-5221-8825  

までお願いします、各種料金などの問い合わせも遠慮なくどうぞ


絵本講座の開催・その他ふくちゃんへのメールは


このブログの右側の

メッセージBOX 「送信画面を開く」からお願いします


折り返しメールにてお返事をさせていただきます ありがとうございました


10

2019/4/15  18:44

平成31年の予定  スケジュール






4月10日(水) 専門学校 絵本授業 No1

4月16日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No1

4月17日(水) 専門学校 絵本授業 No2

4月18日(木) ディサービスセンター絵本らいぶ

4月23日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No2

4月28日(日) 新潟シネウインド アフタートーク担当



5月7日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No3

5月8日(水) 専門学校 絵本授業 No3

5月14日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No4

5月15日(水) 専門学校 絵本授業   No4  

5月18日(土) 国際情報大学公開講座受講

5月21日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No5

5月22日(水) 専門学校 絵本授業 No5

5月24日(金) 秋葉区 育ちの森



クリックすると元のサイズで表示します


5月28日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No6




6月1日(土) 国際情報大学公開講座受講

6月4日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No7

6月5日(水) 専門学校 絵本授業 No6

6月11日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No8

6月12日(水) 専門学校 絵本授業 No7

6月18日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No9

6月19日(水) 専門学校 絵本授業 No8

6月22日(土) 新潟市中央区幼稚園 パパさんに絵本

6月25日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No10

6月26日(水) 専門学校 絵本授業 No9

6月30日(日) にいがた絵本セミナーIN SADO  No1




7月2日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No11

7月3日(水) 専門学校 絵本授業 No10

7月4日(水) 専門学校 絵本授業 No11

7月5日(金) 南魚沼市保育園 絵本らいぶ 二か所

7月7日(日)  にいがた絵本セミナーIN SADO No2

7月9日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No12

7月10日(水) 専門学校 絵本授業 No12

7月16日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No13

7月17日(水) 専門学校 絵本授業 No13

7月18日(水) 専門学校 絵本授業 No14

7月23日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No14

7月27日(土) 南魚沼市 子育て支援センター

7月30日(火) 新潟青陵大学特別受講生 No15

8月23日(金) 新潟市中央区幼稚園 絵本らいぶ

9月4日(水)  専門学校 絵本授業 No15


 終わりました


1月15日(火) 坂井輪保育園 4歳児

1月16日(水) ディーサービス施設

1月24日(木) 坂井輪小学校 2年生



2月8日(金) 坂井輪小学校 5年生

2月13日(水) 坂井輪保育園 5歳児

2月21日(木) 坂井輪小学校 4年生

2月23日(土) 田上町 原カ崎交流センター


クリックすると元のサイズで表示します


2月26日(火) 中学校で絵本授業 







3月4日(月) 新潟県 五泉市 絵本講座

3月7日(木)  坂井輪保育園 2歳児

3月8日(金) 坂井輪小学校 1年生

3月17日(日) 新潟県 南魚沼図書館 絵本らいぶ


クリックすると元のサイズで表示します

3月20日(水) ディーサービスセンター絵本らいぶ

3月28日(木) 新潟市 下山保育園 絵本らいぶ
 














3

2019/3/20  21:21

絵本講座のアンケートから(3)  絵本講座


絵本講座のアンケートから(3)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます



****************

絵本とは 子どもから大人まで楽しめるもの

ちからを入れず身構えずにもっと気軽に親子で

楽しめるもの、と聞いて益々絵本が好きになりました

周りの子どもたち、そして孫の代にまで伝えたいです

今日はありがとうございました

(H29 I・T さん ひまわりクラブ指導員向講座で)

*******************

指導員のみなさんはやはり絵本も好きな人達が

多かったのですが、やはりある種の思い込みを

もっている人がいました

絵本は楽しい・楽しんで良い・小学生も読んで

もらって良い、などをお伝えしました
1

2019/3/19  20:34

絵本講座のアンケートから(2)  絵本講座

絵本講座のアンケートから (2)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます

************
親子一緒の絵本らいぶは子供たちがとっても

楽しそうでした

絵本は親子のコミュニュケーションの道具として

使い,子供に勉強のためなどと意味をつけたりしない

ということにとても納得しました

これからはもっと楽しく遊ぶ道具として絵本を読みたいと

思いました

(H30 Y・N ママ)

*************

絵本は何かの役に立つなどと思わずに気軽に

楽しんでくださいね

1

2019/3/19  6:28

絵本講座のアンケートから (1)  絵本講座

絵本講座のアンケートから (1)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます

***

とても絵本に愛のある方だと思いました

話も面白しろく、時間があっという間にでした

子どもの絵本選びは親が好きな本、親が面白いと思った本

がいいんだよと、との言葉を聞いて、これからは迷わず私の

好きな本を読み聞かせたいと思いました

絵本は楽しく読めばそれで良いんだなぁ、色々難かしく

考えるよりも楽しいのが一番だ、と思うことが出来ました

ふくちゃん、これからも頑張ってください

(H30 あいりゆうりママ)
******

何よりも読む親御さんが楽しいと思わないと聞いている

子どもたちは楽しめません

よって読む親御さんが好きな、楽しめる絵本を最初は

選んでみて欲しいと思います
1

2019/2/26  9:40

中学校で絵本授業  絵本講座







クリックすると元のサイズで表示します



新潟県 加茂中学校 1年生 


中学校の家庭科の授業で2つのクラスを絵本授業とのことで

呼んでいただきました

1年生です、25名クラスを2学級続けて行いました

中学生に絵本の楽しさを伝えたいなと思いました

スタートはこの絵本「えらいえらい」を読んで

グループ内自己紹介タイムとして自分のえらいえらい

を発表してみんなから拍手をもらって気分も良くなった

ところで授業開始です

50分授業なのであまりいろんなことを詰めずに

ポイントを押さえて話をすすめて行きみんなニコニコ

顔で終始してめでたく授業終了となりました


中学生は絵本には縁がないと思われていましたが

おうちに絵本がある、という生徒がかなり多く

こちらの地域は絵本に対してとても理解があるところ

かなと感じました

生徒さんの感想をもらえることになっているので

届いたらまたこちらでも紹介いたします

中学生と絵本、いいですねー
2

2019/2/24  17:40

なぜ男性は絵本を読まないのか  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します









行政さんと地元の大学の共同企画です

「ふくちゃんの絵本らいぶ」ピアノさん

が入ったバージョンを50分間のあとに

大学生がひとりずつ登場して小学生に

絵本を読みました

全員男子学生です

圧巻です、雰囲気が良いです

全員ひとりずつ味があります

小学生との掛け合いもうまいです

男性がこの人数で読み聞かせをする

光景はめったにお目にかかれません

なぜか


世の中の男性が絵本を読むのは

とても少ないのです

「イクメン」と言う言葉が聞ける

ようになりましたが、絶対数は少ないのです

ママが我が子に絵本を読む世帯も

世の中で思われでいるほど多くはありません

そしてパパや男性とのこととなると

さらに少なくなります

それはなぜでしょう


絵本は子どものもの

絵本は大人が楽しむものではない

絵本は子育てママが読むもの

というイメージが一般的になって

いるのではと思っています


そして家庭以外では男性が子どもたちに

絵本を読む機会があまりありません

「お話会」などでボランティアさんが

読み聞かせをしているケースは

各地で盛んに行われています

でも男性はあまりいません


男性は絵本を読んでも楽しくない

と思っているかも、それ以前に

絵本というものを手にする機会も

あまりないのです


今回は大学生の読み聞かせはみんな

素晴らしく、ここに彼がいてくれるだけで

その意義はとても大きいものとなりました


彼らにはこれからも絵本と仲良くし続けて

もらいたいなと思いました


画像の絵本はふくちゃんも大好きな絵本

2冊です、「男性目線」の選書と言ってます

女性は読みにくい?かもしれません

ここはやはり男性の出番ですよ
3

2019/2/14  9:46

プロフィール  プロフィール




「ふくちゃん」 のプロフィール


子育てをしている父母の皆さんが

自分の子どもに絵本を読んでいない

と言うことがわかり衝撃を受けました

日常的に読んでいる人たちはとても

少ないと言うことです

と言ってますが自分が子育て中には

全く絵本を読まず関心もありません

でした

それはなぜか?

自分も読まなかったんだから読まない

人もいるだろうと

経験?を生かし

絵本など見たことも読んだことも

まして読んでもらったことがない

と言う皆さんに向けて

絵本の大切さ・楽しさ・なぜ子育てに

絵本が必要なのか

そんな話をしています

看板は「絵本講師」です

絵本の楽しさを実際に伝える

「絵本楽語家」として絵本らいぶ

という読み聞かせも行なっています

絵本講師の活動は

保育専門学校の学生・小中学の先生

保育士・幼稚園教諭・保護者

祖父母の皆さんなど対象を選ばずに

行なっています


絵本らいぶは

音楽のついた絵本をピアノさんと一緒に

歌う絵本らいぶ

一人でひたすら絵本を読む

ひとりバージョンとあります

いずれも対象を選ばず保育園から

ディーサービスセンターまで

幅広く開催をいただいております


過去の絵本講座実績は こちら  


過去に読んだ絵本の記録ブログ       
 
読み聞かせ日記


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ