家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

 

福島はるお活動プロフィール  プロフィール

クリックすると元のサイズで表示します

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。





絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。


絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない


などの人向けには絵本講座個人版も出来ますし、依頼者自宅近辺のカフェなどでお一人でも受講できます。



【平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】

保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表


保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます




大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。



絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。



ピアノ・ギターさんなどを入れた

                            絵本らいぶ


歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)


過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは左側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。



料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要

-----------------------------------------------------------
絵本らいぶ
   ピアノまたはギターさん付バージョン
   40000円(税別) 移動費用は同上
-----------------------------------------------------------
ふくちゃん一人バージョン
   30000円(税別) 移動費用は同上 
-----------------------------------------------------------
絵本講座 個人版 (ひとりで受講)
   10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
-----------------------------------------------------------
行政様・各種団体様などご予算が決まっている
場合はご希望金額をお知らせください。

クリックすると元のサイズで表示します


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2020/1/13  7:58

絵本講座のご依頼を検討している皆様  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



年があけると例年この時期に問い合わせをいただきます

絵本講座や絵本らいぶの依頼や問い合わせなどです

絵本講師・絵本楽語家として何ができるか

まとめておきます



子育て現役のママ&パパが我が子に絵本を読んであげたくなる話


読み聞かせボランティアさんなど

聞くと自分もすぐにその日から絵本を読みたくなる話


絵本を読んでいるが疑問・悩みがあり、すっきりしない

そんな人が聞くと悩み解決の講座



絵本を読むのは楽しいことだと思う様になる話

知識だけでなく読みきかせ1000回の現場で知った

話をします



絵本らいぶ

子どもはもちろん大人など世代をえらばず

絵本を楽しむことができる読み聞かせイベント



子どもや大人など異世代が

そして4世代が同時に楽しめます

保育園・幼稚園・小学校でも楽しめます

中学校・高校生を対象に絵本らいぶや絵本講座



絵本そのものを話すことよりもいかに絵本を
楽しめるか

絵本はそれまで読んだことも、読んでもらったこともない

そんな皆さんにお話を伝えることを得意としています



絵本らいぶ・絵本講座を組み合わせて二部編成にしたもの

絵本を読める絵本講師です


遠方地の図書館・公民館さんなど交通費・講師料などに

制限のある皆様はご相談ください

実現に向けた提案をさせていただきます





アマゾンアソシエイトを使っています

amazon でのお買い物をする方は

以下のリンクから入ってください

↓↓
https://amzn.to/35MtLdD


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

0

2020/1/7  21:40

絵本を読むだけではなく  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します











画像は昨年1月の地元新聞に投稿したものです

地域の小学校3年生の授業で子どもたちにお話

をしたときのことを書きました


この小学校へは時々絵本を読みに行っています

よってこの日も子どもたちは

「絵本を読んでくれるふくちゃん」

として知っている人なのでみんな楽しく話を

聞いてくれました


そして今年も出番がやってきました

今年のネタは何にしようか今考えています


この小学校に絵本を読みに行くことで

子どもたちとの距離はうんと近くなっています

下校途中で会うと特に低学年の子どもたちは

「ふくちゃーん」と呼びかけてくれます

うれしいですね


子どもたちとの距離を近くしている原因のひとつは

絵本を読む前に必ず子どもたちと雑談をしています

その日の天気・今楽しいこと・夢・昨日の事などを

話してから絵本を読んでいます

コミュニケーションを取ってから読むんです

これで随分と子どもたちとの距離は近くなります


もうひとつ

自分の名前は「ふくちゃん」と自分でも言っています

これで子どもたちも覚えやすく呼びやすくなっています

たったこれだけで子どもたちと仲良しになれるのです


絵本を読むことは絵本を読むことにあらず


禅問答の様ですが絵本講座で話しています

このことを心がけているだけで絵本を読むのが

ずいぶんと楽しくなります、ほんとですよ




絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/12/17  20:33

図書館に笑顔は不要なのか?  あれこれ


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


図書館勝手に応援団を自認しています

絵本を読んでいない皆さんには

図書館で絵本借りてね

と言っています


自分自身は図書館を知り使う

ようになったのは図書館がオンライン化

されて蔵書検索・予約が出来るようになってからです


それまで図書館がどこにあるかさえも

分かりませんでした


絵本を読むようになりせっせと

図書館通いが始まりました

でも

どうも居心地が悪いところ

という感じは当初からそして今も

感じています

それは何なのか分かりませんでした

敷居が高い?

雰囲気が硬い?

などと漠然と感じていました


それが画像のポスターを見てわかりました

ブックコンシェルジュさんなんですね

図書館司書さんは


図書館司書という専門職の皆さんが

いるところなんですね


たぶん個々により違うのでしょうが

専門職なので本に詳しい人たちです

どうぞ何なりと聞いてください

などというオーラが満ち溢れているのです

もちろん自分の勝手な思いですが


そのようなオーラ満載の人たちに向かって

何か聞いて見たいなどとは

気の小さい自分はとても無理なんです


何でそんなふうに思ってしまうか

わかったのです

そうだったのか

それに違いない

独り合点ですが


笑顔がないのです

にこやかな笑顔で対応してくれる人が

少ないのです


図書館がサービス業と言えるのかは

分かりませんが


少なくても百貨店の店員さんのごとく

相手の気持ちを理解しよう

相手が何を期待して、また望んでいるか

を汲み取る雰囲気というものが

図書館には足りないのではと思います


これは専門職ゆえのことでしょうか

市民によりそうのが公立図書館の役目

だと思うのですが

少しの笑顔だめですか?

図書館司書さんが笑顔でにっこり

対応するってだめなんでしょうか


数は少ないですが各地に絵本講座で行くときは

可能な限りその地域の図書館に寄ります

居心地の良い柔らかな雰囲気が感じられる

図書館には大抵笑顔を見せてくれる職員

さんがいました

図書館では職員は笑顔を見せてはいけない

わけではないようです


市民が気軽に図書館に通えて

図書館司書さんに気軽に声をかけれる

そんな図書館だとものすごくうれしい



個人の感想です



絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/12/9  21:10

半世紀歌い続ける  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



50年間オリジナルソングを歌い続けている知人がいる

CDも出している、このCDの演奏はその道のプロの人達

素晴らしい音、もちろん歌もいい

ジャケットは絵本好きの人はご存知かもしれない

売れっ子絵本作家さんの絵です


本人は一貫して「ザ・アマチュア」のスタンスを崩さない

でもある意味プロです、半世紀も続けているからです

LPは今や死語かもしれませんがその中の一曲を女性との

デュエットで自分も歌っています、今回のCDには残念

ながら入ってはいませんが


何とも羨ましい人生です

自分も絵本読んで半世紀できるかな、ちと歳がたりませんね


紹介CDは画像の「ギャラリー野衣」にて販売しています


LP時代のふくちゃんの声は

何年経っても「新曲」感満載 「にいちゃん」


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/12/6  20:15

令和2年の予定  スケジュール



1月15日(水) 新潟市中央区 幼稚園 絵本らいぶ

1月25日(土) ドリームハウス 絵本らいぶ&ミニ講座

1月26日(日) ネット配信番組出演

1月31日(金) 坂井輪小学校4年生

2月12日(水) 柏崎市保育園 絵本らいぶ


読んだ絵本リストブログは  ここで 読んで下さいね


クリックすると元のサイズで表示します



絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/12/6  9:00

絵本を読むのは普通じゃない  絵本講師



クリックすると元のサイズで表示します



とある読み聞かせ会の後での話

その日読んだ絵本などをそれぞれ持ち寄った

ものを見せてもらいました

ほんとに読む人によりいろんな絵本が登場して

揃った絵本を見ているだけで楽しくなります


お子さんが小学生だと言うお母さんがいたので

しばし絵本談義をしました


ご自身は絵本が好きなので普通に自分の子どもが

小さい頃から絵本を読んであげていた

子どもがいれば皆さん「普通」に絵本読んでいますよね

と話してくれました


いやいや世の中の子育て中の世帯では日常的に

我が子に絵本を読んであげているのは20%くらいですよ

などと絵本講座のネタを話しましたら驚かれました

えー子どもがいれば「普通」絵本を読んであげますよね

いえいえ、読んであげている方が少なくコアな人たち

「マニアック」「おたく」の世界、などといささか

オーバーにお話をしました


そのお母さんにどうして絵本が好きなのか聞いて見ました

やはりそうでした

お母さんが子どもの頃「普通」に当たり前のごとく母親

に絵本を読んでもらっていたそうです

今でも実家には当時の絵本が本棚に大事に並んでいるそうです

このパターンは結構聞きます


子どもの頃に親に絵本を読んでもらっていた人が親になると

ほとんどが当たり前のように我が子に絵本を読んであげます

そしてそのことが「普通」だと思っています


今回のお母さんも自分が話をするまでは

我が子に絵本を読むのは「普通」のことだと思っていました

福島データでは日常的に我が子に絵本を読む人は少ないのです

決して「普通」のことではありません


などと絵本講座で話をすると驚くのは大抵絵本好きな皆さんです

まずは世の中絵本を読む人たちは少数派との認識を持ってください

そして読んでいない皆さんに、親子で絵本の時間はなぜ必要か

ひとことアドバイスをしてもらうとうれしいです



読んだ絵本リストブログは  ここで 読んで下さいね


クリックすると元のサイズで表示します





絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/12/3  11:00

絵本講座で話すことは  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します



とある皆様とのイベントの打ち合わせです

ふくちゃんがしている「絵本講座」とは何か

みたいな話になり、一通り講座で話していることを

お伝えしました


どうしても「講座」などというと堅苦しいイメージ

があるのですが、自分の話は

「わかりやすい」

「聞いてみればなるほどと納得」

「もっと早く聞いていれば良かった」

などと思ってもらえる話です


すでに知っていて絵本を読んでいる人には

当たり前過ぎる話でも、これから読む人たち

読んでいるけど何かすっきりしない皆様には

とても意義深い時間となると思います


自分の子どもは絵本好きではない?

読んでいるけどその時間は楽しくない?

勧められた絵本を読んだけど楽しめない

子どもに読んでいるけど聞いてくれない

せっかく読んであげているのに勝手に

めくったり進んだりして話を聞かない

などは知っていると、そーなんだ

となります

そのようなお話はまだ知らない人たちも

多くいます


自分の講座で知ったことはぜひ周りの周り

の人たちに伝えて欲しいとお願いしています

それは難しい話ではないからです


講座に参加するとその日から絵本が読めて

絵本は楽しいと思える、そんなお話をしています

画像は映画館にあったものです

好きな映画に登場した人たちがいますね



絵本の読み聞かせリストブログは こちら  

クリックすると元のサイズで表示します





絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ