家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

 

福島はるお活動プロフィール  プロフィール

クリックすると元のサイズで表示します

絵本楽語家 福島はるお

絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています。


「パパと絵本de子育て参加の会代表」

この記事が常にトップとなります、最新投稿はこの記事の次から見てください



絵本講師とは

子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は良い事だと知っています。
しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません。

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか?
なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか?
どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません
そんなお話をわかりやすく、楽しく伝えています。


絵本講座は様々な場所で開催いただいております。

スケジュールが合わない
開催地まで行けない


などの人向けにはオンライン絵本講座をおすすめします
30〜120分と時間もご希望に合わせられます
zoom・FB・LINE など利用できます



【平成27年3月より4年間「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師】

保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表


保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています。
主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、との話を、現場を体験した経験から講演をします。

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や心がまえなどを講演します。
これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の大切さを講演します。

講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます




大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
「絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト

絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる絵本らいぶをしています。

◯保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター
◯開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館
◯居酒屋・レストラン・など。

どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら大人が絵本を楽しむこともできます。

絵本らいぶを見た人からは「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を多数いただいてます。



絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ
年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます。

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・大人向けなど、いろんな形で出来ます。



ピアノ・ギターさんなどを入れた

                            絵本らいぶ


歌付絵本を楽器をいれて読み歌います。
年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の絵本らいぶが出来ます。

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)


過去の実績はこちら

絵本講座のチラシは左側の項目「絵本講座チラシダウンロード」からPDFデータがダウンロードできます。



料金について

絵本講座・絵本セミナー講師
   30000円(税別)
公共交通機関使用の場合は往復実費が必要です
高速道路での移動は目的地往復費用実費が必要

-----------------------------------------------------------
絵本らいぶ
   ピアノまたはギターさん付バージョン
   40000円(税別) 移動費用は同上
-----------------------------------------------------------
ふくちゃん一人バージョン
   30000円(税別) 移動費用は同上 
-----------------------------------------------------------
絵本講座 個人版 (ひとりで受講)
   10000円(税別)
出張の場合は新潟市以外は同上の移動料金
-----------------------------------------------------------
行政様・各種団体様などご予算が決まっている
場合はご希望金額をお知らせください。

クリックすると元のサイズで表示します



絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

3

2022/1/12  16:19

絵本講座&絵本らいぶ  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します



新潟市の芸術創造村 ゆいぽーと

様より二日間のイベント開催の

ご依頼です

絵本講座・絵本らいぶ を二日間

にわたって行います

芸術と名のつくところでの開催

はうれしいですねー

1月20日よりの申し込みです

もちろん両日参加もできますよ

これから子育てに入る予定の

皆さんも、四世代で楽しめる

絵本らいぶもありますので

ご参加お待ちしています

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

0

2022/1/1  13:01

入院費を借りて支払った?  あれこれ



クリックすると元のサイズで表示します



親族大集合の元旦


自分は幼いころで、ほぼ家庭内の金銭的なことには関与していなく

成長してからもそのような話は家族から聞いたことはなかったので、

想像での話です


話ははずみ、昔(半世紀以上前)の話題になり

始めて聞いた出来事が飛び出した

小学校の頃自分のしでかした事故で入院したことがあった

九死に一生を得た事故で、前頭部をしこたま打ち

内出血をして意識朦朧

状態になった

当時の医療で手術しなくて済んだのは良かったが

毎日首の付け根に

恐ろしく太い注射をされたのには参った


幸い後遺症も残らず(退院後しばらく臭覚が戻らなかったが)

普通の生活に戻った

問題はその入院費を母親が親戚から借りて支払ったとのこと

二週間近くの入院費がいかほどであったのかは

今は知るよしもないが

まとまったお金が我が家にはなかったのかもしれない


これは当時の農家の生活ゆえの事だったのかと思う

当時我が家のような農家は生活の糧は

お米を出荷して得る収入がほとんど

だったようだ、お米は秋の収穫が終え

出荷して初めて現金化される

つまり冬・春・夏の期間は現金収入はほとんどないことになる

では日常の支払いはどうなるのか

農業に必要な農機具や肥料などはすべて

「農協」から買うシステムで、支払いはお米の

出荷時に相殺される仕組みのようだった


集落に銀行はなく、簡易郵便局が農協内にあったようだ、日常の現金は

タンス預金か農協に預けていたのかもしれない

突然の入院で現金を用意をする暇がなかったのか、まとまった現金が

なかったので借りることになったてのか、真相は知らないが

「入院費」を借りた、ということはあったようだ

当時の世の中と我が家の家庭環境ゆえの事だったのか知らないが

親族一同の集まる時にしか聞けない話であろう

あと10年程度で世代は代替わりするかもしれず、次の世代では

もうこんな話はだれも興味なく、しらないことになる

2022年の元旦だ


追記

この入院時に小学校の担任が見舞いに来てくれたのだが

その時のやりとりで衝撃的な出来事があったのだが

続編 「自分は何人兄弟?」に続く


画像は自分から見たら

実兄の長女

その長男

その子

自分から見た続柄は曾姪孫(そうてっそん)

というらしい

2歳半の男の子に絵本読みました

実兄を含めると4世代が一緒に絵本楽しんで

いるという図です






絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2021/12/15  8:15

No1048 一年10か月ぶりの小学校  絵本らいぶ

クリックすると元のサイズで表示します









待ちに待った一年10か月ぶりの地域の小学校です

コロナで朝の読み聞かせタイムができなくなり

小学校に行くこともなくなりました

子どもたちとの時間をとても

楽しみにしていましたのでやっとこの時が

来たのかとの思いです


他のボランティアさんとも久しぶりに

会え事ができ皆さんお元気で何よりでした

今日は3年生担当です

なんだか緊張してしまいました

それだけ久しぶりなんですね

他のボランティアさんの一応に

緊張したと述べていました


今日に合わせ画像の絵本を用意

したのですが、当日ここはやはり

得意なもので行こう、となり十八番

の二冊を読みました


子どもたちには楽しんでもらった

ようです、これから一日始まる授業

の前に絵本で少しはリラックス

してもらえたらとの思いです

この日は11クラスにボランティアさんが

入り一斉に読み聞かせをしました

その雰囲気を想像するだけでも

良い空間となっていると思いました


地域の大人が小学生と関わることは

とても意義深いことと思っています

下校途中で子どもたちから声を

かけてもらうこともあります

なんとうれしいことだと感謝です

一緒に参加していただいたPTA役員

さんともお話ををさせていただき

こちらも実りある時間となりました

今後も続けられるといいですね〜


****************

絵本楽語家 絵本リスト ブログはこちらに移動して

統合いたしました

これより以前の記事 No 1032から N0 0001 は

  こちら  から見てね




絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2021/12/3  20:30

令和3年のスケジュール  スケジュール



R3年のふくちゃんの予定

ご依頼お待ちしています






11月15日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

11月23日(火) 新潟県三条市 絵本らいぶ ピアノ付Ver


クリックすると元のサイズで表示します


12月17日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

12月20日(月)  蒲原食堂

1月21日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

2月18日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

3月3日(木)   こすもすどりーむ 絵本らいぶ ピアノver

3月5日(土)  新潟市 絵本講座

3月6日(日)   絵本らいぶ ピアノ付Ver



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わりました



2月14日(日)  オンライントーク(生)

2月22日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ



3月4日(木)  新潟市中央区 支援センター 絵本らいぶ ピアノ付

3月8日(月)  蒲原食堂 絵本らいぶ

3月24日(水)  刈羽村小学校 絵本らいぶ 



4月19日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

4月24日(土)  田上町地域学習センター 絵本らいぶ ピアノ付

5月17日(月) 新潟市 神原食堂 絵本らいぶ

5月28日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

5月30日(日) zoom 講座 ふくちゃんに聞く
       男性ならではの読みきかせ体験談


6月14日(月) 新潟市 神原食堂 絵本らいぶ

6月18日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

6月26日(土) こやす認定こども園 絵本らいぶ ピアノver



7月5日(月) こすもすどりーむ 絵本らいぶ ピアノver

7月9日(金)  こやす認定こども園 絵本らいぶ

7月12日(月) 新潟中央短期大学 授業

7月26日(月) 蒲原食堂

8月5日(木) 新潟県刈羽村 小学生向け絵本らいぶ

8月7日(土) 蔦屋書店河渡店 絵本らいぶ




9月24日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

9月27日(月) 蒲原食堂 絵本らいぶ

10月15日(金) 新潟市 こやす認定こども園 絵本らいぶ

10月18日(月)  蒲原食堂 絵本らいぶ


絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

4

2021/11/15  12:30

No 1046 感激の再会  絵本らいぶ



クリックすると元のサイズで表示します



画像クリックでamazonサイトに行きます












月に一回の蒲原食堂さんでの絵本らいぶ

とある場所でお知り合いになった方が

団体でおいでいただくとのことで用意した

絵本は十八番シリーズの おならうた 

そしておかあさんのパンツ、です

これだけではどうかなと譜面がついた

絵本、しあわせになあれ を普段は

ピアノさんが付くのですが今日はアカペラ

で披露しました、画像の読んでいる絵本


そしてこの日ふくちゃんの絵本講座を

受けたという方がいらっしゃいました

お聞きしたら数年前の絵本セミナー

を受講していたとのことです、そして

その時のふくちゃん話

「図書館でどっさりと絵本借りましょう」

を実践してくれていて親子で絵本の

世界に浸っているとのことです

時々こうして講座や絵本らいぶで

話したことを実践してくれる人に会い

あの時の話は良かった、と教えて

もらいます、うれしいですね


自分の絵本講座は難しいかつ専門的

な話はありません

ただ、聞いたらその日から絵本を読みたく

なる話と心がけています

絵本を読み続けていると、こんな

再会があります、

ありがとうございました



****************

絵本楽語家 絵本リスト ブログはこちらに移動して

統合いたしました

これより以前の記事 No 1032から N0 0001 は

  こちら  から見てね




絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2021/10/24  17:43

護られなかった者たちへ  映画も楽しい





作品HPはこちらから 

NHKドラマ 透明なゆりかご

ピァな演技が好感をもち今は

毎日の朝ドラでお会いしてます


本作は生活保護が題材とのことで

見ました

清原果耶さんは今までとは一味も

ふた味も違った演技で魅せてくれ

ましたねー

生活保護のイメージは自分は

とにかく申請窓口にきたら追い返す?

との場所だと認識していました

映画の中でも

申請書は簡単にもらえない

申請しても事情をみつけて辞退させる

など受給はかなりハードルが高いと

描かれています

以前あるイベントで知ったのですが

常識と思われていた、持ち家・自家用車

があっても受給資格があることや

不正受給は全体からみたら微々たる数字

(だから簡単に支援しろとはいえないが)


以前も書いた気がするが

生活保護とは

健康で文化的な最低限度の生活を保障する

との理念があります

もちろん自立への支援もあるようです


映画の中ではこの生活保護を受けれるのか

否か、そしてその申請窓口担当者の言葉

などが鍵となって話が進む

生活弱者へ手を差し伸べることが社会的に

認識されていればこの「生活保護」が

正しく機能するのではと思う


自分の中でも正しい知識がなかったのは

否めない

多くの人に「生活保護」

というものを考えて見てほしいものです

さらに福祉そのものにも関心をもち

明日の自分と社会はどうなるのか

おりしも衆議院選挙のこの時期

この福祉政策についてはどう語って

いるのか、心地よい言葉だけで

すませてはいけないのです


それにしても果耶ちゃんが・・





絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2021/10/18  12:30

N0 1045 蒲原食堂  絵本らいぶ

クリックすると元のサイズで表示します














月に1回開催の蒲原食堂さんでの絵本らいぶ

平日お昼時です、美味しいランチを食べて

大人の皆さんが絵本を楽しみます

画像のランチ、玄関にお知らせがあり

「うす味です」とのこと

薄味料理は素材の味を出してくれます

よって素材が良くないと薄味は楽しめません

自家製野菜などをつかった料理は

体にやさしいお味です、

ぜひ食べてみてくださいね

ここの常連さんは絵本を一冊

見るたびに解説をしてくれます

それがまた的を得たコメントなんです

言葉が鋭く無駄がないのです

とてもためになりますが

ドキドキもします

よって次回の選書は何にしようかなと

楽しんでいます



今回は なんでやねん 路線と

自分を大切に路線で決めてみました

不思議な組み合わせでしょ



来月は11月15日 月曜日ですよ


****************

絵本楽語家 絵本リスト ブログはこちらに移動して

統合いたしました

これより以前の記事 No 1032から N0 0001 は

  こちら  から見てね




絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ