家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2010/3/21  9:34

絵本講師養成講座 卒業!!  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


昨年五月より東京で隔月開催全六回 NPO法人「絵本で子育てセンター」開催の「絵本講師養成講座」昨日めでたく卒業となりました

毎回のレポート提出と最終レポートは自分が実際に絵本講座を開く時の一時間の話を文字にして提出するものでした、原稿用紙にたっふりと、しかも手書きです、二月末締め切りに間に合わすべく先月は寝てもさめてもこの原稿書きの事が頭から離れませんでした

結局ジタバタしても大した事は書けないので今まで絵本らいぶをやってきていろんな方から聞いた話や自分の考えを中心にして構成したものを提出いたしました、その結果は
画像下段のものです、みごと最高評価の「S」をつけていただきました

レポートを採点していただいた講師の方からは「傑作」「これが講座の見本だ」と最大級のほめ言葉がコメントとして書いてありました、こちらの講座のポリシー?ではないかと思うのですが受講生に対しては子育て同様「褒めてのばす」のではと思うほど毎回
本人が驚くほどの評価をつけていただきました

終わってみれば講座たのために隔月に上京できたし沢山の絵本仲間ができた事にはとても感謝いたします、同時に終わった事への虚脱感もあります、が卒業したと言う事は「絵本講師」としての始まりが待っているということです、具体的に何をどうするかこれから考えないといけません、今年に入ってから絵本らいぶをしてもらっている保育園には「絵本講師民間資格所得予定」とお話してあるので名刺が出来たら回りたいと思います

自分が今回の講座を受講して感じた事は

1) 絵本講師になるための技術的な事を教えるわけではない

2) 講師とは「教える人ではなく寄り添う人」である

3) 講師になる為のノウハウを教えるわけではなく「絵本講師」とは何かを考えてもらう

4) 手書きレポート提出は学ぶ事が目的でなく行動することが目的になる

5) 自分の絵本に対する「立ち位置」が見えるようになる

6) 自分で考えることの重要さを教えてもらった(学校で「学ぶ」事とは違う)

などが個人的感想です、過去の受講生から教えてもらった言葉で「受講して人生観が変わった」と言っていたのが今にしてみればオーバーな表現ではないと感じています
「単なる絵本好き」でいいのかなーと感じている人たちにもぜひお奨めします

時期開催の講座の福岡・東京の両会場はまだ定員に空きがあるとのことなのですが大阪会場は毎回定員オーバーで受講は抽選になるそうです、志が同じ人がたくさんいることにはうれしさを感じます

さーこれからは「絵本らいぶ」と「絵本も読める絵本講師」の二枚看板?でいきます
みなさまよろしくお願いします
16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ