・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2016/10/9  21:00

絵本と童話  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



童話作家さんの講演を聞かせてもらいました


漠然と「童話」というのをわかっていたつもりでしたが

実はちゃんと理解していなかったことに気づきました

我が家に「童話」はあるのかと探したら、ありました

あるけど読んだことがなかった本です、まとめ買いを

するとこんな事が結構あります


講談社のものです、後ろの見開きに上手い説明がありました

子供達が初めて自分で読む

絵本の世界から創作文学を一人で読む段階の子供たちに

などと書いて有ります

子どもが自分で読む、とのことがポイントでしょうか


童話作家さんは

「子供から大人まで楽しめる」

「親が子どもと一緒に読んで(読んであげて)楽しめる」

と話してくれました

親子で楽しめるというところは絵本もしかりです


自分のイメージで

童話=おとぎ話

となっていたのですが、創作文学というジャンルや

生活童話・SF・メルヘンなど多くのものが含まれる

ようです、なるほど読んでみると大人でも十分楽しめます


もう小学生になったんだから絵本はね〜

と思っている親御さんには

いえ小学生でも絵本は楽しめますと話してます

親子が気軽に本に親しむ入り口に童話も加えて

もらえるといいですね

0
タグ: 絵本講師 絵本 童話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ