家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2016/11/27  19:56

「絵本の読みあいからみえてくるもの」  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します


        村中季衣 著  ぶどう社


紹介してもらった本です

「絵本の読みあい」少し変わった言い方でしようか

読み聞かせの事を書いた書籍はたいていの場合

読む方の人に向けたものが多いようです

この書籍は現場を経験した著者が自ら体験した事から

聞き手側から見た「絵本」について書いたところが

面白いと思いました

最も気に入ったのは「読み聞かせのHOW TO 本」ならば

必ず出てくる事も、現場をしっている立場から意見を

述べています、こういう書籍もあるんだなと感心して

います

以下引用

「読書療法」という心理療法の有効性を検証すること
から離れ、「絵本の読みあい」ということばを用いて
絵本と人が、場と共に育ちあっていく関係をみていく
ようになりました

引用ここまで

とのことで「読みあい」の表現を説明しています
深い表現ですがわかる気がします

絵本を誰かに読んであげる、あげたい人は本書を一度

読んでみると良いかもしれません
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ