・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2019/7/8  5:59

絵本セミナーはなぜ必要か  絵本講師



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




新潟県佐渡市での初めての絵本セミナーが無事に終わりました

現地の皆さんの協力のもと実現できたことは

とてもうれしいです


遠方から講師さんを読んで講座を開催する

助成金をいただいての開催

参加者をどうやって募り多くの人に来てもらうか

この講座を開催する意味と意義


だれもしてくれないから自分でする

最後はいつもこの一言で一歩が進みます

苦労も多いのですが参加してくれた人たちから

感謝の言葉や内容をお褒めいただくとやはりうれしく

また開催したいなー などと考えます


「絵本」を語る人はとても多く存在すると思います

でも最前線の「お家で」「親が我が子に」「絵本を読む」

そのことをわかりやすく話せる人は実はそう多くないのです

3回目の講師さんの言葉


「絵本がえらいのではない」「絵本を読むわたしがえらいのだ」


この言葉はとてもわかりやすいです

このセリフを多くの皆さんに知ってほしいからこのような講座

を毎年開催しているのです

自分の思いは、夢は

全ての子どもたちが毎日親に祖父母に絵本を読んでもらえる

国に、地域になってほしいのです


そんなことを思いながら開催を続けています


いつもこのセミナーが終わると

安堵しながら、はて次はどうしたものかと

ひとり思うところです


関係者のみなさま、大変ありがとうございました




3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ