2022/4/10

ブログお引っ越しのお知らせ  駅旅

ブログお引っ越しのお知らせ

長年使って参りました、このブログのサービスteacapが8月で終了するのに伴い、この度ブログをgooblogへとお引っ越しすることとなりました!

タイトルも改めて
「駅旅写真家・コシノブユキの駅旅日記」
としてスタートします!

アドレスか以下になります。
https://blog.goo.ne.jp/ekitabi

まだまだ慣れないので、うろうろとつぶやく形になりますが、引き続き今後とも、よろしくお願いいたします。
0
タグ: gooblog 駅旅日記

2022/4/7

改めてお知らせです  駅旅

本日は改めて「旅行読売5月号」と「鉄印帳フォトブック」のお知らせです。
ツイッター&インスタではお知らせしていましたがブログの方でも……。

まずは旅行読売5月号。駅舎のある風景では箱庭のような小さな入江にある山陰本線飯井駅を、鉄印帳の旅では、ホタルイカと蜃気楼でこれからシーズンを迎えるあいの風とやま鉄道を紹介しています。

そして、鉄印帳フォトブック!
こちらは、全国の第3セクター鉄道で行っている鉄印帳を1冊にまとめた本。
私目は、表紙の写真と各社の風景写真のうちの一部を担当させてもらいました。

そしてメインは、私が鉄印帳の旅の取材で訪ねた秋田内陸縦貫鉄道にてお会いした、「鉄子の部屋」でおなじみの森川あやこさん(→HP)が、鉄印帳の旅で撮影された、素敵な写真で構成されています。

ということで、全国の書店にて発売されておりますので、ぜひぜひお買い求め下さい!
ちなみに私の方でも何部か持っておりますので、お声がけ頂ける方はお知らせ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

 

0

2022/4/3

DMV来る!  駅旅

今年のサクラ撮影遠征にかこつけて、世界初の本格営業運転を開始したDMVの乗車と1巡目の鉄印帳40社目の鉄印をもらうべく、阿佐海岸鉄道へ。

DMV(デュアルモードビークル)を知らないと、なんだか?と思うかもしれませんが、ようは鉄道・バスの両用交通システム。線路の上も走れば、道路も走る。

まずは、その走っている様子を……
旅行読売6月号 鉄印帳の旅で紹介します!


クリックすると元のサイズで表示します
前の車輪が持ち上がり、レールの上を走っています。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄道用の車輪を収納しバスモードへ。ちゃんと道路も走ります。

1

2022/3/27

里見駅へ  駅旅

小湊鐵道の旅! 里見駅のホームからキハのバックショット!

クリックすると元のサイズで表示します
くもりでしたがしっとり感は出たかもしれません…
1

2022/3/24

雪撮り収め  駅旅

今年はもうチャンスがないかと思っていましたが、やはり“寒の戻り”というものはあるみたいで、恐らく今シーズン最後の雪の撮影に出かけられました。
出向いた先は会津方面。この冬は、一度も足を向けられていなかったので、超ラッキーでした。

むしろ、今年は雪が多くて撮影は大変でしたので、このくらいのチョロ雪の方が撮影には好都合。(列車も運行していて、撮影場所の深雪もそれほどでもなく)

ということで、列車が来るまで戯れていた駅名表示板です。

クリックすると元のサイズで表示します
上三依温泉塩原口駅の駅名表示板。この角度が意外と好きだったりします。

0

2022/3/20

いすみ鉄道  駅旅

よみうりカルチャー柏センターの実習でいすみ鉄道へ行ってきました!
ナノハナといい、ウメといい、この時期のいすみ鉄道はどこを切り取っても画になりますよね〜。

ということで、東総元駅の花いっぱいの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょうどキハ20形がやって来てくれました!
2

2022/3/13

さらばVSE  駅旅

小田急線のロマンスカーVSE(50000形)が引退しましたね...
先日よみうりカルチャーの撮影実習で相模川橋梁まで出向き、最後の撮影を試みました。
丹沢の山の方へ向かっているイメージを撮りたかったので、ちょっと我流ですがこんなようなカットを、そして定番的に遠めには撮っては見たものの、こちらは急に温かくなった春の陽気でメラメラでした。

なかなか完璧な条件で撮ると言うことの難しさを今更ながら改めて感じた1日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
あえて、惜別感を込めて、丹沢の山並みとともにBackShot。ですが、このサイズだとわかりにくいですね……

クリックすると元のサイズで表示します
逆に、メラメラではありますが、このサイズだとわからないですかね……

ということで「さらば!VSE」

0
タグ: VSE 小田急 引退

2022/3/10

UO!  駅旅

魚津駅にて。「UO!」っちゃいました!
(UO!ってなるくらい寒かったということです)

クリックすると元のサイズで表示します
この写真を撮るために、約1時間。駅近くで張り込みです!
(人がいなくて、お迎えの車がいなくて、かつ雪が降ってと……)
(このあと、さらに少ししますと、屋根上の駅名も点灯するので、それも撮りましたが……)

1

2022/3/5

モノトーンな世界に映える  その他の写真

冬の北陸富山。雪が地面を覆い、一面が白銀のモノトーンな世界へ。
それだけに、富山地方鉄道の車両のカラーリングがひときは輝いて見えるのです。

10030系&16010系を撮影しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2022/3/2

旅行読売4月号  駅旅

旅行読売4月号が発売になりました!
今回、駅舎のある風景ではJR土讃線の大歩危駅を、「鉄印帳の旅」では伊勢鉄道の旅を紹介しています!

大歩危駅は、駅のすぐ脇を吉野川が流れ、大歩危峡の渓谷美が見られます。ホームに沿ってサクラがあって、春の彩りを添えてくれます。

伊勢鉄道の鉄印は、伊勢形紙を使って丁寧に作られています。形紙は職人が手で彫ったもので、それを使って和紙に刷っているとのこと。
ちなみにこの形紙は江戸小紋などの染色にも使われていて、結構手の込んだものだとはじめて知りました。

ということで、ご購読よろしくお願いいたします。



誌面で紹介できなかったカットを何枚か。
クリックすると元のサイズで表示します
鈴鹿市役所からみた伊勢鉄道です。高架区間が多いこともあって、列車からの景色も結構抜群です!


クリックすると元のサイズで表示します
津城跡の石垣上に復元された櫓。それにしても藤堂高虎が築いたという立派な石垣には目を奪われました。

クリックすると元のサイズで表示します
東一身田駅から歩くと寺内町という一帯に。古い町並みはなかなかの風情で、散策にはもってこい!

詳しくは、誌面にて!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ