2016/4/18

九州は山深い  駅旅

2日ぶりの更新。今日の駅旅は、日豊本線の駅旅です。今回は、先日の宮崎駅を起点に日豊本線、吉都線を巡る駅旅です。
九州地方は、今、何かと心配されている阿蘇山に代表されるように、火山の多地方です。それだけ、山深い地域が多く、少し列車に乗るだけで、かなり山深い山村になっていきます。
日豊本線も宮崎を出ると直ぐに山間区間に入り、今日紹介している日向沓掛駅、青井岳駅と、かなり山奥な印象です。宮崎から4つめ、6つめの駅でこんなのどかな風景が見られます。
都会に暮らす人間にはかなりうらやましい気持ちになりますが、その分、大変なこともあるんでしょうね...

クリックすると元のサイズで表示します
ホームの先に山並みが望める日向沓掛駅。駅前に少し住宅はあるものの、閑静な雰囲気に包まれています。

クリックすると元のサイズで表示します
SL時代は難所だったこともあり、いろいろな施設があったのであろう青井岳駅。今は、ほとんど人が乗り降りしない駅を列車は静かに出発していきました。


一昨日、昨日と、神奈川県松田町と会津地方に出かけてきました。かなりハードなスケジュールだったこともあり、ブログアップもしないまま寝てしまいました。昨日に至っては21時に寝て、途中何度か起きたものの起床時間は9時。12時間も寝てしまいました...。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ