2017/2/20

存続へ  駅旅

3日連続の撮影から一転、今日は自宅でパソコン作業。3日間も外にでていたので、その遅れを取り戻さなければいけない状況なのです...。

ブログの方は再び宗谷本線各駅の旅です。
この春のJRグループのダイヤ改正で、廃止が検討されていた1つがこの南美深駅です。しかし、地元自治体の美深町が維持管理費を負担することで、この春は存続することになりそうです。

この駅の周辺には農家が数軒あるだけで、ほとんどが田畑。ここを利用する人がどれくらいいるのか調べたところ、平均で1人。確かに存続が厳しいのかもしれませんが、とにもかくにも町の英断には、拍手を贈りたいところです。

待合室とは言えないほどの小さな建物があり、「南美深待合所」といった表記もあるのですが、いわれないと駅舎とは分からないほど。それでも、存続させる意向がある、地元では大切な駅であることに変わりはないようです。

クリックすると元のサイズで表示します
どこが入口だかも判別しずらい南美深駅ですが、地元からは愛されているように思えました。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ