2017/9/23

大宮駅からバスに揺られ  駅旅

大宮駅の東側に広がる見沼田んぼは、都心から比較的近い所にあるかなり広い緑地帯です。利根川の利根大堰から引かれている見沼代用水の一帯に広がる田園地帯が俗に見沼田んぼと呼ばれています。

ちょうど、ヒガンバナが見頃の時期を迎えているので、そのヒガンバナを撮る実習にと選んだのが、見沼田んぼの東側を流れる見沼代用水東縁にあるヒガンバナの群生地です。近くには、見沼自然公園があります。

広大な緑地帯であるために、交通の便は決して便利とは言えず、大宮駅からバスで30分ほど寄られての旅です。
私が以前住んでいた武蔵野線の東浦和駅は比較的近いのですが、それでもバスだと20分。バスの便はないのですが、一番の最寄り駅は埼玉高速鉄道線の浦和美園駅と言えばいいでしょうか。

それはともかく、訪れた21日は天気もよく、キレイな彼岸花を撮ることができました...。でも、やはり、ヒガンバナをうまく撮るのは難しいですね...。

クリックすると元のサイズで表示します
すっきと晴れ渡った大宮駅。気候はすっかり秋です。

クリックすると元のサイズで表示します
見沼代用水東縁をヒガンバナが彩ります。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ