2019/1/10

秩父鉄道へ  駅旅

ようやく、締め切り地獄から抜け出しつつある中、まだ1本の原稿を残し、秩父鉄道の撮影へ行ってしまいました。

今回出かけたのは、羽生〜行田市の間。秩父鉄道の駅もだいぶ回ってきてはいるのですが、この区間はまだ残っている駅があったので、そこへ行ってきました。秩父鉄道には何度も乗っているので、様子は分かっていたこともあり、特に狙いは武州荒木駅です。
手前の新郷駅を出ると、秩父鉄道は一面に広がる田んぼの中を走ります。その田んぼと秩父鉄道を撮ろうと出かけたわけです。そして、武州荒木駅のホームの端でも、その田んぼが見られるのです。

とは言ったものの、武州荒木駅へ行ってみると、ホームの先に沈む夕日の方がいい雰囲気。あえて、田んぼ絡みは狙わず、夕日とともにプラットホームを狙ってみました。
それにしても、昨日は北風が凄くて、撮影していても冷たい冷たい。何とか風景絡みも撮りつつ、早々に引き上げてきました。

さ〜て。残りの原稿やらねばと思いつつ、少し布団で横になったつもりが、気がついたら朝。かなりやばいぞ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
夕日に染まる武州荒木駅のプラットホーム。さすがのEF100-400mmF4.5-5.6L ISU USMでもゴーストが出ましたね...。

クリックすると元のサイズで表示します
突風が吹く中、北関東の山並みと秩父鉄道の列車を..枯れた稲が風に揺れていい感じ。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ