2019/6/5

風格漂う  駅旅

今月は、仕事が一杯で、なかなか余裕というものがない感じです。
ということで、ブログの更新もままならず。なので先日出かけた山梨の撮影から南甲府駅を紹介。

山梨県内は、雰囲気のある駅というのが少ないのですが、その中で唯一、風格あるタイプの駅舎がこの南甲府駅です。いかにも昔の佇まい。駅舎の壁の装飾や駅前の立派な植え込みからもそれが感じられます。

こうしてみると、今の駅というのは手入れに手間のかかる植物は植えず、手間のかからないものを植えがちですが、このいかにも手間のかかりそうな植え込みは見事というより外ありません。

駅舎的にも、最近はデザインに凝ったものはあっても、壁の装飾といった職人的な粋みたいなものは感じられないような気がします。

無駄といってしまえばそれまでですが、こうして手間を惜しまないという姿勢が大切なのかと感じた次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
風格漂う南甲府駅。手間をかけてこそこの威厳が保たれているのではないでしょうか。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ