2009/6/22

半虫半鉄  駅旅

長野県・小諸まで取材で出かけてきた。出発時はかなりのどしゃ降り雨だったので、取材になるかどうか不安だったが、午後になると暑いくらいの日射しが照りつける晴天に。
今回の取材は、CAPA8月号用の「昆虫特集の取材」ということで、取材中に撮影したアオハダトンボ。何ともいえないメタリックな色が美しいトンボである。

クリックすると元のサイズで表示します

取材を終えてから、少しだけ足を伸ばし上田交通へ。中塩田駅は、木造の古い駅舎が残されていた。無人駅である。駅舎内の木のベンチには、座布団が置かれ、田舎駅の温かさを感じさせてくれた。ここの駅舎は角度によってはコケに被われていて、かなりレトロな感じ。人気も少なく、ひっそりとしたローカル感たっぷりの駅。こんな駅が少しでも長く残ることを願って止まない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ