2021/7/28

ひょうたんできた!?  駅旅

ひょうたんがなる駅で有名な御殿場線の上大井駅。今年、ようやくひょうたんの時期に出向くことが出来ました。
しかし、残念なことに今年のひょうたんは小さめ。しかも数も少なめ。

ちょうどその時、たまたまこれまでひょうたんを育ててきたという方が現れて、今年から栽培する方が変わったのだとか。それでも「なんとか実は付いた」とのこと。

きれいに整備されている駅は、概して周辺の住民に愛され、その方たちのボランティア精神によって保たれているのだと改めて感じました。
今回の『駅舎のある風景』の原稿を書いているときにもいくつもそうしたエピソードに巡り会いました。

今年は、まだまだ小さいようですが、いずれ大きな実を付けることを楽しみにしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昔、時刻表の表紙も飾ったこともある上大井駅のひょうたんです。聞けば、この駅の駅員が日よけにと栽培したのが始まりだそうです。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ