2008/7/27

年齢を超えることだ。  日常

結局呑んでしまった。えらく疲れた。昨日は一日じゅう音楽を聴いていた。ラスカルズ『ピースフル・ワールド』。二枚組の最初のほうはやっぱり乗れないが、二枚めは悪くない。でもその次の最後のアルバムは大していいとは思えなかった。ヤングのほうのファーストもまあそれなりに盛り上がるけどしかし、いまとなってはもういいかな、と思われるのはその他あれこれ聴いたサイケ関係とともに、アン・ピーブルズ一発で吹っ飛んでしまうからである。もうね、一生黒人音楽とノイズしか聴かないとか宣言したい気になる。なんでしょうか、この年齢を超越した感情の高まりは。聴く側と作る側の年齢や時代が関係なくなるものだけを信用できるのだなあ。
しかしそういう宣言をすぐに撤回しなければならないのは、その後レッド・クレイオラの最新作『フィンガーポインティング』を聴いたからだ。やあぁ……こういうものに出会えるからレコード屋まわりは続けるしかないのだなあ。面白すぎるとしか言えない。ジムもミックスとしては最高傑作のひとつと数えてよいのではなかろうか。しかし言うまでもなくメイヨも年齢を超えている。

CD棚がもう入りきらなくなったので、もう聴かないと思われるもの、二枚持っていたりするものを中古屋に売りに行くべく整理。なかなかすっきりした。本やDVDもやらなければならない。今年はそういう年ということにしよう。その一方で、HDカムを使用する企画も着々と考える、そういう年。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ