2008/12/29

読書の「暮れ」  書物

妻のインフルエンザのおかげで三日間断酒できた。病人を置いて映画、というわけにもいかないので、なかなか仕事も捗った。
深夜に「すばる」2月号の奥泉光「虫樹譚」を拝読。えっ、これがオクイズミサン!?、てゆうほどチェンジ。Yes, we can.じゃないけど。しかもこれもまたこれで面白い、てゆうかひょっとしてこれ、御自身の「大学教授っぽいひと」としての経験と「文芸漫談」(いちばん近いのは『阿Q正伝』?)で立ち上がってきたアイデアによって書かれたって感じ? なんてことを想像させられた。でも奥泉氏の小説を読むのは『浪漫的な行軍の記録』以来なので、このチェンジが今回初ってこともなくて、実は推理小説はみんなこんな文体(ブログ調というか口語体と文語体の混合という前提が「J文学」への揶揄めいている)なのかもしれないけど。いずれにせよたいそう面白かった。いかにも音感のいい感じの体言止めを含む運びに、ときおり括弧つき漢字略語あるいは太字造語がブロウされて、ゴリッと来る。イイトシコイテ、オサーンガヨォ、なんて悪口も出るかもしれないけど、こういう「音」は若い人ではまず読めない。

そんなわけで読書熱が再燃したんで引き続き、なぜか年越しはジルさんの『シネマ1』『シネマ2』を一気に読んでしまおうという気になり、読始。いまさらな感じもしないでもないけど、そうはいっても面白いんだから。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ