2009/2/23

底抜け掃除屋稼業も楽じゃない  映画

ふらりと銀座まで出て、レニー・ハーリン『クリーナー』を。
ひととおり前振りを経てさてこれから物語が動くな、という10分あたりでふとラストカットを頭に思い浮べて、正解した。こういう経験をさせてくれる映画も最近珍しい。尺も九十分ジャスト、実に清々しい。題名からギャング映画だとばかり思っていたら本当に掃除屋さんの話だったので驚かされた。しかも殺人現場の掃除専門だから、どこかの国のヒット映画と非常に近しいのだが、この掃除屋の聡明な娘は父親の職業を「けがらわしい」などとは決して言わないので、上品だ。それだけタフな世界に生きているから当然だ。パパは誰かがやらなければならないことをやっているだけなのだから。その聡明さはあまりに悲しい聡明さだけれど。
サミュエル・L・ジャクソンはきちんと暮しながら例によっていつ335を持ち出して弾いてもおかしくないような態だし、エド・ハリスがまたもや(こないだはDVDの『ゴーン・ベイビー・ゴーン』だったか)神経衰弱ぎりぎりのおっさんをわかりやすく演じていて、満足。ルイス・ガスマンやロバート・フォスターにもぐっと来た。
ただ一点、またしてもエヴァ・メンデスだ。いや、これまた彼女のせいではないし、ハーリンのせいでさえないかもしれないのだが、なぜ彼女が物語上ファム・ファタルでないのか、という問題だ。これは要するに映画におけるPC問題なのではないか。つまり社会的弱者である女性を悪として描くのはよろしからんことだという暗黙の了解が世界的に浸透している、そんなような気がしてならない。結果、『過去を逃れて』ばりの悪女ものなどもっての他、ということになる。その点、『恐怖のメロディ』を監督デビュー作に持つイーストウッド先生は『チェンジリング』でも精神病棟にものすごい顔の女性看護士をずらり並べたりしてこの問題をあっさり解消し、やはり偉大だと思わされたのだが、どうなのだろう、いまやファム・ファタルというのは不可能なんだろうか。女の悪役、いつ以来見ていないか、ちょっと考えてみたい。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ