2009/3/20

五十路までもう一歩  日常

ネタを漁ってひたすら這い回る日々からようやく一旦解放され、安穏と脳の休息。といっても打合せも原稿も結局は休みなく。ゆえに某大家を日々三本立てでDVD鑑賞、爆笑したり号泣したり、打合せだって三本立てだったり、忙しさは相変わらず。今週はまだ一度も泥酔していないが、そうすると睡眠時間は減る、というジレンマ。
昨夜は地下に殿下が行幸あそばされ、小一時間のご滞在ののちにお帰りになった。立ててあるギターとギターの間をなんとも不器用にすり抜けるのだが、倒しやしないかとヒヤヒヤ。でもニャーニャー鳴きながら飛びつかれてストレスフリーの瞬間。
殿下は、おしっこが言えるので、安心なり。
NAL8はいよいよ半常駐体制を打ち出し、脚本家グループとしての方法と事務所としての機能が同時に完成しつつある。あとは各作品が粛々と実現へ向かうことを祈るばかり。これをいまから五年、続けることができれば何か見えてくる気がする。
特に勝ちとか負けとかそういうことではなく。
とはいえ本日は本格的な休息に浸った。なにも考えず、なにも起こさず。WBCにようやくありつく。テレビをつけた直後、青木のバントが決まり、ああこれは勝つな、と途端に確信した。
采配とかそういう問題ではない。強いて言えば、相手方の顔の見え方か。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ