2009/6/10

不安定でも作業はつづく  労働

どんな精神不安定に見舞われていても作業は恙なく進行する。昨日、ドアにぺたぺた貼ったポストイットのツリーを睨みながらふと、おいあれ、といきなり『小説家を見つけたら』を見たりしながら。しかし異様な精神不安定から、午後より缶酎ハイを呑んでいたのでうつらうつらしながらの進行。一方の合田メンバー、ひたすら壁ならぬドアを孔の開くほどみつめつつメモ取りをしている姿は、まるで医学実験のようで一種異様。こちらはあれこれネット検索しながらふと発見した記述を素っ頓狂な声で朗読するし。内田メンバーは完全に自閉に入ったようで、まったく連絡取れないし。
それにしても南北朝鮮がらみの資料って豊富であるにもかかわらず、ある時点で、というのは今世紀に入ってフェイドアウトするように手に入りにくくなり、一方的に独断的にまとめられた資料のみが流通している気がする。書物はどれも新刊では手に入りにくい。コミュニティじたいが政治問題について自閉しているような、よからぬ感触を覚える。
一方、こちらはこちらでアメリカ映画的アプローチを択ぶか、先鋭的アプローチを択ぶかで逡巡を繰り返す……うちに疲れきって爆睡。
とりあえず、一度クールダウン。
8



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ