2009/6/19

この世は金、ですかやっぱ?  日常

相変わらずこつこつやっている。こつこつやりすぎて眠りも浅く、疲労は一向に消えてくれない。その上、ここへ来て金銭は私の人生そのものを追いつめようとしている。金銭というか金銭によって人間に寄生する欺瞞だ。ホントに、金さえあればうまく世の中渡っていけると思っている奴らは全員死ねばいい、と孤独に憤激している。

そんなこともあって、近いうちに頭がポンと音を立ててとんでいくんじゃないか、という妄想にかられている。安吾がいちばんやばかった年齢に、中上がゆっくりと天に召されようとしていた年齢にさしかかったがゆえの妄想か。でもふたりのような偉大な仕事をなんらしていない私がそうなればただの犬死である。いまここで犬死するわけにはいかない。なんとか借金全額叩き返して、どうだ!と見栄を切ってからにしてほしい。

だがしかし私はなんのために、誰に読ませたくて、こんなことを書いているのか。いちばん読んでほしいひとは決して読まない。私が死んだら読むことになるだろうか。物好きなひとがこの日記を本にしたい、なんて言い出してくれたらその可能性もあるだろうけど、まあやめといて>物好きなひと。

親類の通夜に出た。自らではどうにもならないことだが、それでも親より先に死んではいけない。
38



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ