2009/8/31

NAGAYAMA-2days  音楽

音楽をやるときはまったくもって天然でしかないな、と思いつつしかし、映画を作るときだって実は同じ精神状態にあることを感じ取ったvacantでの二夜であった。土曜は、「客入れ」「客出し」での二曲、日曜は「客入れ」と間に浅野君の、実に興味深いサンプラー演奏(せっかく超レアなリッケンバッカー持って来たのに弾く機会がなかった。残念!)を挟んで、「客出し」として浅野君をドラムスに迎えてのトリオ。人前での演奏というのは去年だったか、中原とやったのが大学以来で、ウン十年ぶりのことだったけれど、二人ならまだしも今回はさらに増えて三人ともなるとまさに映画撮影中と同じ。気配り、というか相手の出している音の気配を毎秒どう察知し、どこで自分が前に出るといいか、どこで座を明け渡すか、をいちいち発見しながら二十分という時間を乗り切ることがパフォーマンスということになり、それはまさに映画を撮影しているときに対象をみつめている状態となんら変わらない。そうするとやはり映画撮影だって天然なのだなあ、ということに思いは馳せるのだった。
……ま、二十分も続くショットなんて撮ったことないけどさ。
いつかライヴハウスなんかのでっかい音出し放題の状態で、また三人でやってみたい。ちなみに初日の「客入れ」は《トゥモロー・ネヴァー・ノウズ》の、「客出し」は《テルスター》の、そして二日目の「客入れ」は自作《Helpless》と《EUREKA》の、それぞれカヴァーで、最後のトリオセットはまったくの即興(ナガシマ曰く、アシュラテンプルだなと)だった。といっても前の三曲だって多少打合せしたってだけで、ぜんぜん即興だったのだが。
12



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ