2009/10/2

DP、ではなくJBとTSの関係について(笑  映画

ウェス・アンダーソンの新作コマ撮りアニメ『ファンタスティック・ミスター・フォックス』のトレイラーがすでに流れている。めちゃくちゃ面白そうだ。私にまつわる「アニメ嫌い」「アニメは映画ではないと公言」という風説をよそに現在、極私的に期待度ナンバーワン。そしてナンバー3(ナンバー2はサム・ライミ『スペル』)の『2012』は早くも11月21日公開だというからのけぞる。こう並ぶとめっちゃミーハーな映画好きのようだが、実際そうなのだから文句言わせない。
それらを早く見たいとやきもきしながらのDVD三連発。ピーター・イエーツ『エディ・コイルの友人たち』。初見。めっちゃ(カット割が)冷酷なハードボイルド。とはいえその点では八〇年代の工藤栄一に乗り越えられている感あり、なのがやや残念。タラ『ジャッキー・ブラウン』。たぶん五回目。今度も、ボビー・ウーマックがイントロを弾き始め、ジャッキーのリップスティック・トレースを唇に残したまま去るマックスのアウトフォーカスした後姿から、ウーマックとともに宿命の歌を口ずさむ車中のジャッキーへ繋がるエンディングに思わずこみ上げた。ここ、何度見てもいい。カレル・ライス『ドッグ・ソルジャー』。何度目か思い出せない。メキシコのギャングだか悪徳刑事だかが山上の顛末を麓で待っているときに石を空き缶にポーン、ポーンと放る手持ち無沙汰の演出と、断崖の巨大なピースマークまで構図に入れたロングショットが誠に素晴らしい。マイケル・モリアティが悪漢どもに捕えられて車に押し込められる段取りも見事。本当にきびきびしたいい映画だ。誰かさんの記憶どおり〈雨を見たかい〉はかかりませんでした。
で、深夜に某おいらんものの日本映画をテレビで見たんだけど、製作委員会に名を連ねた人々の頭数の多さに吃驚。もちろん、そんだけ集まって……という意味で。安藤君によってかろうじて(というか安藤君が単独で出ているショットだけ)映画になっていたのだが……しかし、それにしても……。

ああ、忘れていたが昨日はシャブロル『ナダ』とヒューズ兄弟『フロム・ヘル』を見たのだった。両方、えらく下品で面白かった。シャブロルの、逃走する車がひっくり返るヘリ撮とルーがパチンコで警官のヘルメットをぶち抜いて殺す場面、最高。ヒューズ兄弟といえば何年ぶりかの新作『ブック・オブ・イーライ』も楽しみだ。
15



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ