2009/11/1

女優 岡田茉莉子  書物

某シナリオを読んで、終戦直後の東京(またはその再現)の意匠を再確認すべく『長屋紳士録』『風の中の牝鶏』『浮雲』と立て続けに見た深夜、それらの見事さに心底打ちひしがれつつ疲れきってうとうとしかけ、ふと昼間に文芸春秋社から届いていた書籍小包に気づき、なんだろう、と開けてみるとなんと『女優 岡田茉莉子』だった。言うまでもなくついさっきまでブラウン管に映っていたひと、岡田茉莉子氏の自伝である。慌てて読み始め、気づけばとめどなく涙を流し、めくるめく映画人生に寝る間もなく五時間ぶっ続けで読みきっていた。数々の「神話」が惜しげもなく披瀝される絢爛たる(かつ、おきゃんな側面もたっぷり垣間見える)内容にかぎらず、最近では珍しい、きわめて薄く柔らかな上質の頁をめくる指の感触にも魅了され、かつ泣かされた、とも言える。
途方もなく贅沢で美しい書物である。
後半に至って気づいたのは、数々の舞台をおやりになっている岡田氏がなぜか洋物の舞台にお出になっていないことである。おそらく日本で最もクリュタイムネストラ(そしてあるいは『エレクトラ』のリメイクである『ハムレット』のガートルード)の似合う女優だろうとかねて想像していただけに虚を衝かれた。だが、それらが準主役であるがゆえに神話的(と同時に反=神話的)スター・岡田氏にそれらをオファーする向きのない畏れ多さというのもあるだろう。しかし同時に『エレクトラ』や『ハムレット』にとって真に強靭に描かれるべきは「裏切る母」であるという解釈も可能であり、そこに重点を置かれたことというのはかつてあるのだろうか。いまからでも遅くない、岡田氏をお迎えして『エレクトラ』や『ハムレット』を企画するひとはいないのだろうか。
さらに勉強不足で知らなかったが、吉田喜重監督の演出で『好色五人女』を三本おやりになっていることに大変嫉妬した。まさにいま、西鶴を勉強中だっただけに。見たかった。

そう言えば、と慌ててポレポレ東中野で行われているはずの特集上映のことをチェック。多忙のなか、すっかり失念していた。もうすでに二日目だ。
自戒をこめて明日以降の日程を書き写しておく。
(トークショーなどの詳細は以下)
http://www.mmjp.or.jp/pole2/okadamariko-time.html
11月2日 11:00 山鳩 13:10 舞姫 15:10 芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏
  17:30 流れる 20:00 やくざ囃子
11月3日 11:00 旅路 13:20 山鳩 15:30 流れる
      19:00 集金旅行 21:10 悪女の季節
11月4日 11:00 霧ある情事 13:00 離愁 15:40 女の坂
      18:00 春の夢 20:20 集金旅行
11月5日 11:00 悪女の季節 13:20 霧ある情事 15:20 春の夢
      17:40 女の坂 20:00 離愁
11月6日 11:00 集金旅行 13:10 悪女の季節 15:30 霧ある情事
      17:30 春の夢 19:40 女の坂
11月7日 11:00 離愁 13:00 女舞 15:10 秋日和 18:50 河口
      20:50 熱愛者
11月8日 11:00 愛情の系譜 13:20 今年の恋 15:10 女舞
      18:10 秋日和 20:50 河口
11月9日 11:00 熱愛者 13:10 愛情の系譜 15:30 今年の恋
      17:30 女舞 19:40 秋日和
11月10日 11:00 河口 13:00 熱愛者 15:10 愛情の系譜
       17:30 今年の恋 19:30 秋津温泉
11月11日 11:00 愛染かつら 13:10 続・愛染かつら 16:00 香華
       20:00 真赤な恋の物語
11月12日 11:00 秋津温泉 13:20 愛染かつら 15:20 続・愛染かつら
       17:20 香華 21:20 真赤な恋の物語
11月13日 11:00 香華 15:00 真赤な恋の物語 17:00 秋津温泉
       19:20 愛染かつら 21:20 続・愛染かつら
11月14日 11:00 水で書かれた物語 13:30 女のみづうみ 15:40 情炎
       18:50 炎と女 21:00 樹氷のよろめき
11月15日 11:00 妻二人 13:00 情炎 15:10 秋津温泉
       18:20 水で書かれた物語 20:50 女のみづうみ
11月16日 11:00 炎と女 13:10 樹氷のよろめき 15:20 女のみづうみ
       17:30 告白的女優論 20:00 妻二人
11月17日 11:00 妻二人 13:00 炎と女 15:10 樹氷のよろめき
       17:20 情炎 19:30 告白的女優論
11月18日 11:00 煉獄エロイカ 13:30 さらば夏の光 16:20 鏡の女たち
       19:00 エロス+虐殺(ロングヴァージョン)
11月19日 11:00 さらば夏の光 13:10 鏡の女たち 15:50 煉獄エロイカ
       18:20 エロス+虐殺(ロングヴァージョン)
11月20日 11:00 告白的女優論 13:20 さらば夏の光 15:20 鏡の女たち
       18:20 水で書かれた物語 21:00 煉獄エロイカ


……それにしても『長屋』と『牝鶏』、あまりに山中的ではないか。『長屋』は『百万両の壷』だし、『牝鶏』には文字通り「紙風船」がふわりと転がる。
25



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ