2010/2/1

さよなら、テレビ月間  テレビ

早いもので今年も残すところあと十一ヶ月ですか。こないだ『鉄腕ダッシュ』見たと思ったらもう一週間が飛び去っていた。そういえば最近、木曜は『ブラタモリ』→『どうでしょうClassic』→『博士の異常な鼎談』→『もやサマ2』、日曜は『鉄腕』→『龍馬伝』→『Nスペ』……という夜のテレビブームが再燃している。と思ったら『ブラタモリ』あと三回というではないか。『タモリ倶楽部』並みの長寿を期待したが、残念である。タモリさん自身、もうひとつ乗り切れていない感じは散見されたけれど、「本郷」篇、「品川」篇などは最高だった。
で、このなかで問題はCMのあまりのひどさである。CMを見ないでこれらの番組を見る方法というのはないものか。本当にひどくて、一々目を背け、耳を塞がずにはいられなかった。特にパチンコ屋。もうCM界には才能も金も集まらなくなったのだろう。CMのないNHKの番組紹介番組がこれまたひどくて見ていられない。NHKといえば『龍馬伝』は早くも息切れか、回を追うごとに杜撰な演出になっていく。最初は珍しかったフィルムライクもそろそろ飽きた、というかいいかげん見苦しい。といっていまさら普通の30Pに戻すわけにもいかないだろうが。
あと、『Nスペ』に続いて『サイドマン』というクラウス・フォアマンのドキュメンタリーをやっていて、これはなかなかの秀作で冒頭からヴァン・ダイクが出てきてグッときたのだったが、『Nスペ』の「無縁死」というそれなりに興味深い番組なのにフレーミングがひどくて、『サイドマン』を作ったドイツのプロダクションに全然負けているのが如実だった。カメラ、対象に無意味に寄りすぎなのだ。また、ああした題材に美的なイメージショットを入れられると事の重大さが軽薄になる、ということをわからない演出家を演出家と呼びたくない、とさえ思われた。
とはいえ、こんなことを言ってられるのも先月までだったろう。今月からはテレビを見てる暇などない、はずだ。でなければ困る。
日曜一日水槽掃除やなんかで潰れたから、仕事を滞らせてしまった。今日からは寝る余裕もない。

アンタッチャブル柴田が無期限休業とか。う〜ん、天才には生きづらい世界なのだろう。
惜しいかぎりだ。
32



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ