2010/2/26

The End Of The Dead Road  ツアー

日曜、雪景色の仙台で山中トークw/蓮實先生。帰りの新幹線で、先生からアベル・フェラーラの新作がとんと入ってきていない、という話を聞かされ、吃驚。あのジャンキーおやじ、撮っていたことさえ知らなかった。ということで早速調べてみると、お得意の怪しげな麻薬犯罪ものとこれまた怪しげな宗教もののDVDが出ているだけ(前者はすでに廃盤)で、劇場公開は『ブラックアウト』以来、マジでないらしく、二度吃驚。必ずしも最初から高く評価してきたというわけではない作家だが、ヘルツォークがリメイクしたらしい『バッド・ルーテナント』あたりから徐々によくなってきて、一連のウォーケン爆発ものやら個人的ベスト100には確実に入れる『ブラックアウト』なんかは本当に素晴らしかった。それが、そのウォーケンとウィレム・デフォーの共演作やデフォーの主演作、あるいはチェルシーホテルを題材にしているらしいドキュメンタリーなど、どれも日本公開されていないとは。この際、それらの未見作を米盤取り寄せて見てみようかと思う。

と書いてるうちに、北九州へ飛ぶ。某イベントの企画。小倉で湯布院の伊藤氏にアドヴァイスをいただく。さらに福岡へも行き、福岡アジアフォーカスの諸氏へも挨拶。吉塚のうなぎを食す。翌日は山口YCAM。則文師匠&柳下さんとのトーク。日帰り。

月曜、世田谷PTにて『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』。演出/栗山氏。イプセンはイプセンだとして、なにしろ仲代、米倉、大空、十朱という壮絶な名人たちである。それぞれの空間の支配力を呆気に取られて見ていた。
終わってから打合せ二発。途中で大惨事が起こる。一瞬、自害を考えた。
火曜、棄てる神あれば拾う神あり。ダメならまた次。気分を変えるべく、キャサリン・ビグロー『ハートロッカー』。率直な感想としては「フラーが徴兵映画つって怒るタイプ」。なんだかもったいぶってていやな感じだった。なんかなあ。

水曜、昼までウダウダしてから成田へ。搭乗してから猛然と書き始める。五時間で30枚強。へとへとに疲れて眠る。目覚めればそこは初のロサンジェルス。おいおい、20度ってどういうことだよ! 暑すぎ。USC水田先生に出迎えられ、ホテルへ。The Standard Downtown LA。素敵なお部屋でございました。そこでさらに残りを4時間かけて書き、夜中に推敲して発送。その時点では、残りの日々を延々と時差ぼけの真っ只中で過ごすことになろうとは夢にも思わず。グダグダの状態でシナリオ二つ直すが、どうもうまく行かない。よねやんという肥った友人ができ、かれの案内でコリアタウンの店に連れられ、さらにサンタモニカやベニスビーチのピアーへ行き、アメーバレコードへ行き、グリフィス天文台へも行った。そんでまあ要するにLAだな、と感銘を受けた次第。……そりゃあ自信なくすよ、ここでは。当分映画のことなんて考えたくないけれど、そういうわけにもいかない。
40



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ