2010/5/29

美しき五月のこと〜その2  ツアー

で、カンヌである。
泊まったのは中心部のずっと西側、La Boccaのマルシェ傍にあるCannes Beach Residence。自炊用具付き。ゲストルーム付き。しかし無線ランはロビーのみ。パレまで10分シャトルバスは20時まで。到着は21時、ということで、歩いてみようと歩きはじめたはいいが、方向間違えるわ道に迷うわで一向にたどり着けず。へとへとになり、仕方無しに飯を食う約束をしていた廣瀬純に電話してタクシーで迎えに来てもらう。歩くのは無理、と笑われる。グランドホテルの裏辺り、アンティーヴ通りから少し駅側に上がったところのパテの旨い店で遅い晩飯。ジャ・ジャンクーに「ジャ・ジャンクー」と呼びかけても応えてくれない、という話。ジャ・ザンケみたいな発音が正しいらしい。オリヴェイラ『アンジェリカの不思議な事件』は大傑作、との報。マルシェ横の深夜営業のコンビニで水を買ってタクシーで帰る。

翌17日は朝八時出発。シャトルでパレに着くと、ドビュッシー前にはすでに11時からのJLG上映前の列に廣瀬純が並ぶところに遭遇。しばし立ち話。わが同僚、汐巻氏到着とともにアトリエへ。午前中に七件のミーティング。駅近くのイタリアンで昼食(以前、ここでカトリーヌ・カドゥ夫妻と会食した)後、午後はグランドホテルの庭でミーティングひとつ。別行動の汐巻氏を待っているとプサンでも東京でも会った韓国プロデューサーのイ・テホン氏とばったり。雑談後、かつて世話になったセルロイド・ドリームスのヘンガメ氏とのミーティング。映画祭マーケットでの日本ブースのパーティーに顔を出したのち、イ・テホン氏とともに昼と同じイタリアンで会食。さらに北野武『アウトレイジ』公式上映へ。もうずっと北野作品は見ていなかったが、ここへ来てこれはどう見ても最高傑作だろう、という感触。ひたすら権謀術数と素手なり拳銃なりの暴力による覇権ゲームが繰り広げられるわけだが、これを「コノヤロウ」(字幕ではasshole)を言葉尻につけた台詞のリズムでガンガン前に進めていく、というやり方。『ソナチネ』の頃の方がずっと抒情があったが、今回はかけらもなし。であるがゆえに言葉尻の「コノヤロウ」がほとんど小津の「そうかい」「そうよ」「そうかな」「そうよ、そうよ」に近いような地点に達しているように聞える。素手での殴り、殊にビートたけしさんのパンチの速さは尋常でなく、唖然。あと、三浦友和さんが北村総一郎さんにおでこをはたかれるときの顔は絶品。椎名桔平の殺され方にも痺れた。終了後、マルチネス前のパーティーにちょっと顔を出して、ホテルに戻った。

翌18日も朝からミーティング七件。途中、キャンセルや延期の連絡を事務局の女性が事細かに伝えてくれる。こういう事務が超得意なフランス人とそうでないフランス人がいるが、このひとは前者。で、このテントではマジェスティックからデリバリーされるランチが出る、ということでがっつく。以降最終日まで三日間、がっついた。美味。
この日の午後は、ユニジャパンのジャパン・パビリオンで取材があるとのことで、そこへ行き、歩いてすぐのマルシェのスタンドで赤ワインを購入しつつ、暇つぶし。そこでようやくネットと繋がり、つぶやく。世界で最も日本語のうまいセルビア人らとともにセルビアのプラム酒をたしなむ。取材後は『Film Socialism』。ドビュッシーの前で座っていたら私の後ろには鳩しかおらず、おかしいな、と時計を見たら三十分前、プログラムを見直すとなんとまあ、どんくさいことに上映場所はバザン。間違えていたのだ。慌ててすっとんで行くがすでに長蛇の列。絶望的な気持ちになっていたら、私の後ろ二人で札止めに。やばいところだったが、超満員なのに一番右端とはいえ前から三列目に座れた。で作品は、というと、とにかくJLGだったのだが、No Commentである。豪華客船における社交主義であり、自動車修理工場における動物と子供のサンバであり、『アワーミュージック』の構成をひっくり返しただけだが、これ以上はとにかくNo Commentなのだからしかたない。あきらめてくれ。
終映後、パリから来たテリー小山内とパリシネマのディレクターさんと打合せ。そう、私は再び七月のパリに出向くことになった。談話途中につき、通りかかったベロッキオに声をかけられず。もろもろ話した後、カジノの前から一本入ったところにあるテリーおすすめのイタリアンへ。愛嬌のいい美人のオネエサンがいる。美味。

また長くなった。つづきはまた今度。
23



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ