2010/6/13

だうん、その他  日常

金曜に表参道ヒルズB3スペースオーにて、ショートショートフィルムフェスティヴァルのミュージックショート部門の上映。拙作『だうん』もコンペ外の特別上映という形で上映され、壇上で少し喋った。『だうん』は、構想半月、来日中だったアルノー・デプレシャン監督の宿泊先にお邪魔して撮影したのを皮切りに四日の撮影、三日の編集+小直しで完成した。完成度の高いCGを使ったものなど他の力作を鑑みれば申し訳ないようなお手軽さだが、ここへ来て私も「楽に弾く」というハリー細野氏のニューオリンズ体験(昨夜の「scola」で言ってた)に近づこうとする意志が、というかそれはそもそもミーターズのポーターさんも言ってたんだが、ともあれそっちへ傾いてきたのだった。そのひとつの成果。だから、というわけではないが『だうん』に乗せる音楽は〈アイコ、アイコ〉でも〈ビッグ・チーフ〉でもよかった。またニューオリンズに行きたくなった。
帰宅して南ア−メキシコ戦。パス回しを見ているだけで気持ちよくなり、それなりに酒を入れていたせいでそのまま眠ってしまった。

土曜は映画美学校でやっている「世界のドキュメンタリー」という企画で『AA』が上映され、その質疑応答。3分から7時間半まで。いろいろだ。造形大の人たちも来てくれて、それなりに話が弾んだ。
帰宅してアルゼンチン−ナイジェリア戦。まだ本調子でないものの、時折見せるアイデアに思わず、いいねえ〜、と唸ってしまった。あと両コーチの対照が笑えた。マラドーナさん、ボールに触りすぎwwwひょい、と選手にボールを蹴り渡して、世界に健在をアピールするブエノスアイレスのギャングのボス。
そのハーフタイムにチャンネルを変えると「scola」が映って、いきなりジェームス・ジェマーソンの話から始まったのだ。そのまま終わりのスライのセッションまで釘付け。慌ててチャンネルを戻すが、1−0のままで終了した。

あとはずっと三本のシナリオをぐちゃぐちゃしていた>先週。
22



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ