◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/3/28

ハリポタいち  趣味

【今日の読書】ハリー・ポッターと賢者の石★★★

第三巻でやや辛辣な感想が目立ってしまったが、もともと『ハリー・ポッター』シリーズは全七巻構想で書かれる予定であることを考えると、最終的な評価は全て読んでから下すべきだろう。乗りかかった船なので、最後まで付き合おうと思う(カツキさんから借りといて偉そうに)。

というわけで、記念すべき第一巻を読了した。第三巻に比べると、こちらのほうが面白い。とてもワクワクする設定であるし、いろいろと伏線を置いてあったことがよくわかる。学校以外の魔法界がほとんど出てこないので、設定に無理が生じていないのもよいのだろう。それだけに、賢者の石を守る魔法の罠が、まるでゲームかアトラクションのようで、面白かったが興醒めだった。ダンブルドア校長は何もかもお見通しで、ハリーを鍛えるためにわざとやってるんじゃないのか、あれ。ヴォルデモートすら手駒のように利用して。まあ、シリーズ完結の暁には、そういう理不尽に感じられる出来事もすべて伏線として処理されるかもしれないから、現時点であれこれ言い過ぎるのはやめておこうか。

え?結局一日で全部読んだんじゃないかって?それだけ没頭したってことだろって?何をおっしゃいますやら、旦那!朝まで読んだらページが尽きただけですって!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ