◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/8/7

江戸天丼  外食

老舗の天丼屋「土手の伊勢屋」に天丼を食べに行く。急遽参加できなくなったカツキさんを除いて、参加者はイシイさん、エーコさん、ムラタさん、ヒョン、コバちゃん、私、そして、4月から東京に出てきていた私の"はとこ"にあたるアズサちゃんの計7人。予約できない店で開店前に並ばないと厳しいという情報により、4時に根津駅前に集合した。アズサちゃんとは同じ町の出身でウチの母と彼女のお父さんが従兄弟同士なのだが、子供の頃にちょこっと数回会っただけで、実に20年振りくらいの再会となった。ほとんど初対面のようなものだ。


【今日の夕飯】土手の伊勢屋★★★★

タクシーに分乗して店に向かう。15分ほどで吉原大門交差点に到着。交差点からすぐにそれとわかる古い木造二階建ての建物が見えた。夕方の開店の5時までまだ40分以上あり、さすがにまだ誰も並んでいない。みんな建物の周囲を見物したりしている。蒸し暑い。

クリックすると元のサイズで表示します

4時半くらいになると、我々以外にも並ぶ人がちらほら集まってきた。さらに待つこと15分ほど、5時の開店前に店に入れてくれた。薄暗い店内奥の座敷にあがる。とりあえずビール。で、天丼をどうするかだが、経験者のイシイさんから説明がある。天丼には(イ)(ロ)(ハ)の三種類あり、だんだん天ぷらの量が増えていく。ほかに、海老天丼、穴子天丼、天ぷらのみもある。美味しいという穴子の天ぷらは(ロ)から入るということで、(ロ)を4つ、(ハ)を3つ、全員味噌汁を別途注文した。

いい雰囲気を醸し出している店内の様子を観察したり、ビールを飲んだり、話をしたりしてゆったりと待つ。天ぷらは下ごしらえから始めるらしい。……さてさて来ましたよ。(ハ)は天ぷらが多すぎるので、蓋つきで出てくる(いったん蓋に天ぷらを移して食べてくれということらしい)。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

見た目のボリュームにやや圧倒されつつ、みんな無言で食べ始めた。天ぷらは、胡麻油でサックリさっぱり香り高く揚がっている。濃い色のタレが多めにかかっているが、味が濃いわけではなく、天ぷらのサクサク感も失われていない。海老はプリプリと甘い。穴子は……衣はサクッと香ばしく、身はトロリと口の中で蕩ける。 美味〜〜〜いよ〜〜〜。ものすごいボリュームに見えた割りにはご飯がそれほど多くなかったので、個人的には空腹のお腹に(ハ)でちょうどいいぐらいだった。昼にうっかり海苔巻を食べてしまったヒョンなど完食が危ぶまれる人もいたが、概ね平らげられた。外ではまだまだ大勢並んでいる気配。一息ついてから店を出た。まだ5時半過ぎだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ