◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/10/22

朝鮮史研究会大会(1日目)  学術

人生寝惚け気味な私ではあるが、他所で泊まるときはちゃんと目が覚めるもの。7時に起床してシャワーを借りた。朝食はお雑煮。キノコが入ってるな〜と思ってよく見ると、何と松茸ではありませんか!思わずおかわりしてしまった。ご馳走様でした。お世話になりました。

フジワラさんと一緒に瑞浪駅から中央線に乗り、名古屋で新幹線に乗り換える。京都駅で地下鉄に乗り換えると、やたらと人が多い。今日明日は「京都時代祭」で賑わっているらしい。「鞍馬の火祭り」もやってるとか。11時前に同志社大学に到着。幹事会開始には間に合った。

今回の大会テーマは近代史なので、この時期にわざわざ来ることもないよなというのが正直なところだが、一応幹事だし、去年の大会会計を担当したので幹事会と総会で収支報告せねばならない。

弁当を食べながら幹事会を終え、大会一日目の講演が始まる。控え室でちょっと作業してから講堂に入ったら一本目の講演が終わるところだった。
二本目は韓国の法学の先生による日韓間の過去清算に関するものだったが、首を傾げたくなることしきりだった。日韓基本条約の法的解釈で、過去の条約の有効性や戦争犯罪に対する日韓両政府の解釈が異なることを根拠に、条約の合意は「不合意への合意」であり不健全なものだと仰ったが、お互いの腹の中がどうであれ合意したから条約が結ばれたのではないのか?そんな因縁つけられるの?教えて、法律の専門家の人!それと、「世界史の普遍的方式」により、日韓関係が見直されなければならない(植民地支配という悪を正義の名の元に糾弾せねばならない)みたいな結論がありましたが、植民地に謝罪・賠償した帝国主義国家なんて日本以外にほとんどないと思うのですが、「世界史の普遍的法則」って具体的には何なのでしょう?よほど質問しようと思ったが、時間がなくて無理だった。
講演後、研究会総会が開かれ、前回の大会会計報告をやった。特に質問はなし。

そののち、懇親会。会場から徒歩15分ほどの場所にある「平安会館」にて立食パーティ。よく飲み、よく食べた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

二次会は「養老の滝」で。さらに飲み、食べた。そのあと祇園に繰り出すぞ、みたいな声も上がっていたのだが、結局二次会でお開きになり、行き先が近い方とタクシーに乗り合わせた。キミちゃんの新居へ向かわねばならないのだが、初めてなので場所がわからない。同乗した方や運転手さんに地図を見てもらって、何とか近くまでたどり着く。キミちゃんが迎えに出てきてくれた。根津のことや研究のことなどしばらく話しこんだあと、シャワーを借りて眠る。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ