◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/12/25

おニューなデジカメ  趣味

昨日新宿で新しいデジカメを入手。4年前に初めて買ったデジカメはオリンパスのC-40ZOOMで、コロリと分厚いタブレット型という、同デザインを踏襲した後継機が現れなかった個性派(評判よくなかったともいう)。これはこれで小さくてマニュアル操作も充実しており、いろいろなところへ持っていって使っていたのだが、バッテリーの持ちが長くなく(単三電池を使えるのはよいのだが)、何より記録メディアが現在ほとんど使われていないスマートメディアであるため撮影枚数が心もとない(スマメを大量購入したくもないし)。

というわけで新調欲がムラムラと沸き起こるのであった。こういうものを買うときは納得いくまで下調べするほうで、海外(おもに韓国)に持ち出して記録用に使うことを考慮し、条件を以下のように列挙してみた。

・バッテリーの持ちがよい。(海外では特に重要)
・起動が速め。(シャッターチャンスを逃さない)
・ポケットに入る程度に小さくて軽い。(大きいカメラはしんどい)
・画素数は600万あれば充分すぎ。(でっかい写真にする必要はない)
・ある程度マニュアル操作が使えるとよい。(カメラ任せは気に食わない)
・暗いところで撮影しやすいとありがたい。(室内撮影が多そう)

そうしたところ、上の条件にほぼ完璧に合致するデジカメがすぐに見つかった。FujifilmのFinepix F11である。ノイズの少ない高感度撮影に特化しているので暗いところはお手の物、バッテリーは500枚撮影に耐え、小さめなうえにお値段もお手ごろな600万画素機。あまりにもピッタリすぎて胡散臭いくらいである。決定!おめでとう!……が、結局これは買わなかった。理由はふたつ。ひとつ目。水曜の店の常連であるアキラさんもちょうどデジカメを買い換えようとしていて、F11お勧めですよという話をしたら翌週にはもう買ってきて見せてくれた。確かに小さくて使いやすい。が、自分も同じものを買うのはどことなく癪だ。せっかくなら違うのにしたい。ふたつ目。その違うのを見つけてしまった。

どうも自分は個性派に弱いようで、見つけたブツも現時点ではそれにしかないという面白い機能を持っていた。PanasonicのLumix DMC LX1は、アスペクト比(横縦比)16:9のワイドなCCDを搭載し、28mm相当の広角撮影が可能だ。28mm画角は3:2に対する対角線換算であるため、実際には縦方向が32mmほど、その代わり横方向は22mm相当になるらしい。数字で見るより実際の画像を見るほうがこの機能の素敵さを実感できる。次の3枚の写真をクリック拡大して見ていただきたい。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1枚目が普通のデジカメと同じ4:3のもの。2枚目が16:9。縦幅は同じで横がずいぶん広く写っている。また、16:9を縦に使うとそれはそれで面白い構図になる(3枚目)。この個性とレンズが出っ張った外観に惚れてしまい、ワイド撮影は記録目的にも便利であろうという思いも強くなり、F11よりはだいぶ予算超過となってしまったがLX1を手に入れたという顛末である。結局当初の計画とは……

・バッテリーの持ちがよい。→250枚程度。普通。
・起動が速め。→決して速くない上にレンズキャップを外す手間が……
・ポケットに入る程度に小さくて軽い。→ギリギリコンパクト機だがポケットにはちょっと……
・画素数は600万あれば充分すぎ。→840万……ただし4:3時には600万。
・ある程度マニュアル操作が使えるとよい。→かなり充実している。
・暗いところで撮影しやすいとありがたい。→かなりノイズが出ますorz

……全然ちゃうやん。でもしかしだがしかし、満足しきっております

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ