◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2006/8/15

諏訪湖畔大花火大会  旅行

コバちゃんから諏訪の花火大会に誘われて、軽い気持ちで「仕事が休みだったらね」とか答えておいたのだが、ちょっと調べてみると何だか凄い大会らしい。打上げ総数4万発(隅田川で1万発くらい)、去年の人出は47万人!これは生半可な気分でいくと人ごみに揉まれてひどいことになるかも。当初はコバ母と3人でツアーバスに乗る計画だったらしいが、コバ姉夫婦が参加できることになり、当日の朝、自家用車で向かうことになった。

午前3時半(!)に深谷を出発。完全にお客さん状態でフラットにされた後部シートにて寝て行く。諏訪到着は6時半だったが、すでに車と人でごった返している。有料区域の残ったチケットを買うための列や、有料区域に入るための順番待ちらしい。私とコバちゃんはとりあえず有料区域外のエリアで座る場所を物色することに……湖畔はすでにブルーシートやガムテープやビニール紐で大部分埋め尽くされていた(一部ミニテントとかも)。早いところは何日か前から置いてあるっぽい。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも何とか空いたスペース(斜面だったり視界にフェンスが入ったり)を確保。空いている場所を何箇所も確保しようとするコバちゃんに苦言を呈しつつ、いったんその場を離れてドライブへ出かける。

クリックすると元のサイズで表示します

美ヶ原高原を走り、白樺湖畔でコバ母お手製の稲荷寿司をいただき、諏訪のガラス工房館で買い物をしてから最初の場所に戻る。近くのコンビニでビールと氷を確保し、隣の駅まで車を置きに行ったコバ姉夫婦を待つ。雲が多めで涼しい気候だったのだが、3時過ぎくらいから雲が途切れがちになる。花火大会としてはこれ以上ないくらいの良天候だが、湖畔に降り注ぐ直射日光は殺人的な暑さ(否、熱さ)となり、雨傘を掲げてガード。ブルーシートの上にも不在だった主が現れ始める。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ7時の打上げ時間が近づいてきた。なくなりそうなビールと氷を補充しようとコンビニに出かけたが、入る時点で大行列しているうえに、表の特設ブースで売っていた大量のロックアイスも完売。やむを得ず、グーグルのローカル検索で近所のコンビニの場所を調べ、上諏訪駅前まで往復した。駅からもバスからもまだまだ続々と人々が湖畔に向かって排出されていく。帰り道に露店で焼きそばなどを買って戻ると、開始まで1時間を切っていた。すでに日は沈み、穏やかな風が吹いている。期待感とともにこれまでの苦労が癒されていく。

そして、7時。アナウンスとともに大花火大会の幕が切って落とされた。諏訪市長による気合の入った挨拶が終わると同時に最初の花火が打ち上げ……

ひゅ〜〜〜〜〜〜

パッ!(花火でかっ!近っ!)

どんっ!!!(音でかっ!)

魂が抜けかけた……

子供の頃、高松の花火大会をけっこう近くで観た覚えがあるが、ここまでの迫力じゃなかった気がする。こりゃイモ洗いになってでも50万人が観にくるだけのことはあるわ。有料区域から観るともっとすごいのかと思うと……

大会は休みらしい休みを入れることなく2時間で4万発を打ち続ける。単発もあれば様々な連発花火もあり、それらの審査も兼ねているため観ていて飽きない。ラストには「打ち上げない」花火(湖面で爆発させる)が数発来て、〆は全長2kmにおよぶ大ナイアガラ。完全に圧倒されっぱなしだったが、いくつか写真や動画を撮ったので、3枚だけだがお見せしたい(クリックすると大きなサイズで表示されます)。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



さて、終わったからといってのんびり余韻に浸ってはいられない。帰り道レースはすでに始まっているのだ。車は上諏訪駅からのぼりで一駅のところに駐車してあったが、私とコバちゃんは松本方面へ行くことになっていたため途中で分かれる(当日はのぼりとくだりで駅の入り口が分けられていた)。コバちゃんのお母さん、お姉さんと旦那さん、連れて行ってくださって本当にありがとうございました。素晴らしく感動しました。たいして働かなくて申し訳ありません。

くだり方面の入り口前の道は、びっしりと人で埋め尽くされていた。ホームに入りきらないので逐一入場制限がかけられる。15分置きに臨時列車が来るが、それでも何とか乗り込めたときには10時くらいになっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ともかくも、松本へ無事到着。続きは明日の記事にて。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ