◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2008/6/30

『無冠の帝王』返上  遊戯

2008年のドイツ年間ゲーム大賞にライナー・クニツィアの『ケルト』が選ばれた。詳しくは→こちら

いや〜、自分の予想では本命『ストーンエイジ』、対抗『ズライカ』、大穴『ブロX』だったんだけど見事に外れた(どれも実際に遊んだことはなく、評判だけでの判断だったが)。まさかここでクニツィア先生が来るとは。しかも子供ゲーム大賞とダブルクラウンですって。これまで大賞だけは獲れなかった『無冠の帝王』の称号も晴れて返上ですね。大賞だからいま世界一面白いゲームってことでもないけど、何はともあれクニツィア先生おめでとうございます!まだまだたくさんの名作を世に出していただけることを期待しております!

ちなみに子供ゲーム大賞を獲った『誰だったでしょう?(Wer war's?)』だが、以前ドイツアマゾンのページを見て興味を惹かれたのを思い出した。そこの紹介ムービーを観るに音声が出るゲームみたい。もし音だけじゃなくてドイツ語も流れるとしたら、完全日本語版でも出ない限り無理っぽいけどどうなんだろう?

【7/2追記】メビウスおやじさんによると、やはりドイツ語でヒントが流れるゲームということだ。それでもドイツ語版をプレイするなら……
1:ドイツ語のヒアリングができる人を混ぜる
2:発音をカタカナ表記して対訳表を作る
3:気合
とかが必要か。
0



2008/7/2  12:26

投稿者:海長とオビ湾

ドイツ語ヒアリングは厳しそうですねぇ。
2の案で、これはこのセリフでは!?という2重の謎解きと言うのがギリギリ現実的なラインかもですね。

値段も高いんで博打買いはムズかしいなぁ。

2008/7/1  12:45

投稿者:hirocean

こんにちは。

>ドイツ語が発声されたら
一応ラヴェンスのページでドイツ語ルールのPDFを見ましたが、わりと分量があって機械翻訳に打ち込む意志が湧きません。ヒマと気力があったら該当部分だけでもチェックしようと思ってます。

>ケルト
大賞の選考が微妙なのはよくあることなので、素直にクニツィア先生を称えたいなと。多分買わないですけど^^;

2008/7/1  12:23

投稿者:海長とオビ湾

誰だったでしょう。は私もドイツ語が発生されたら厳しいなぁとおもってやめました。
動物の鳴き声なら良いのですけどねぇ。

ケルトは私も結構以外でした。
ふ〜んとしかいいようがなく。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ