◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2008/10/3

薔薇の名前:傾聴せよ、預言の御言葉なれば  遊戯

小出しになってすいませんが『薔薇の名前』発売前情報その2。

BGGのスレッドにフェルドのインタビューが新たに転載されてたので和訳してみた。

"All players secretly slip into the role of a monk. With a simple card mechanism, the monks are then moved around in the abbey. It is important, for the good of your own monk, to act without betraying/revealing him. But as the scenario acuminates, you disclose more and more about your identity. The fun in the gameplay is created by skillful bluffing and speculations, secret doings and being discovered, etc. Thus it is not a dry deduktion game, but one that lives of the players.

「すべてのプレイヤーは密かに修道僧1人を担当します。単純なカードメカニズムによって修道僧たちは修道院内を動き回ります。自分の修道僧を有利にするためには、正体を漏らさず明かさず行動することが重要になります。しかし、シナリオが収束するにしたがって自身の正体をどんどん暴露せざるを得なくなるでしょう。このゲームの面白さは、巧みなはったりと推理、密かな行動と正体の暴露などにあります。なので、これは無味乾燥な推理ゲームではなく、プレイヤーたちによるライブなのです。

Various event cards influences the process (without a luck factor), so each game will always play differently. And it is great fun when the suspicions finally are announced at the end."

様々なイベントカードがプレイに影響するため(運の要素はありません)、ゲームは毎回違った展開になるでしょう。最後に容疑者が宣言されるときが最大の盛り上がりとなります」


してみると、『アンダーカバー』みたいに正体を隠して得点しあい、最後に容疑者を明らかにするのだろうか。プレイ人数が最大5人なのに修道僧が6人いるのも『アンダーカバー』っぽい。前回訳したのがイベントカードの一部らしい。
0



2008/10/29  0:54

投稿者:hirocean

十口さん、いらっしゃいませ。

BGGのほうにもエッセンで遊んだ人たちの評価がポツポツ出始めましたが、残念ながらあまり好評とはいえない様子です。「俺が期待してたのは推理ゲームであって『アンダーカバー』じゃない」ってな意見ですな。エッセンでのアンケートでも下位に甘んじてます。

しかしゲームは自分で遊んでみるまでわかりませんし、そもそもあの原作も推理小説なのかって疑問がありますけどね。

ドイツからもうすぐ届くはずなので、そのときは記事にしてお知らせします(ただし実プレイは12月以降になりそうです)。

2008/10/28  23:36

投稿者:十口公樹

こんばんわ、こちらでは初めまして。
ノートルダム、ドラゴンイヤーと続けて遊んだので薔薇の名前も気になります。(ローマ、ラムと名誉は未プレイです。)それと、Table Games in the Worldのエッセンレポにこのゲームのプレイレポがあります。

2008/10/9  14:19

投稿者:hirocean

タイトルが『ダイアモンド クラブ』で公園を作るのが目的ってのが奇妙ですが、Amazon.deの画像を見る限りコンポーネントが素晴らしいですね。

BGGのスレッドで、ラベンスがどうやってエーコを口説いたのかってのが一瞬話題になってましたが、今後コスモスみたく原作物路線に参入していくのかもしれませんね。

『薔薇の名前』はAmazon.deにはすでに入荷している模様ですが、私が注文しているショップは未入荷で、到着が遅れる模様です。早く〜。

2008/10/9  12:08

投稿者:Area51

エッセンで発表されるラベンスのもう一つのダイアモンドのゲームもオモロそうぢゃなあ。
バラもダイアもアレアが出しそうな雰囲気ぢゃけど、今年のラベンスはちとカラーが違うんかなあ。

2008/10/6  21:55

投稿者:hirocean

Area51さん、こんにちは。

映画版の映像感がよく出てますね。いい仕事してます。残念ながら発売が遅れてるみたいです。私が手に入れてレビューを書ける頃にはメビウスさんに入荷してたりして。

2008/10/6  20:04

投稿者:Area51

こんにちは、Area51です。

いやあ、画像の色彩がホンモノならすんばらしいボードですねえ!
わっちはゾクゾクするようなエロティシズムさえ感じるんぢゃ。
hiroceanさんのレポート楽しみにしてますね。
あちゃらの価格を見ると国内では決して安くはないぢゃろね。ほぢゃけんどラベンスバーガーぢゃけえメビウスさんが安く売ってくれると信じて待っときます。

2008/10/4  2:21

投稿者:hirocean

期待がいや増しますね。
きっと親切な人がBGGに英訳を上げてくれるでしょうから、「誰か」がそれを和訳する、とw

2008/10/4  0:38

投稿者:海長とオビ湾

超おもしろそうじゃないですか!
あれれ、でもカード和訳化が必要っぽい?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ