◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2008/11/23

韓式結婚式:挙式編  旅行

11月23日 14:30
会場の「Wコンベンションセンター」は複数の式場を備えたいわゆる結婚式場という趣きの建物だった。ヒョンの式会場がある3階にあがってスタッフを捕まえ、着替えをしたいのだがと尋ねたところ、どうもそういう来賓控室的なスペースはないらしい。向こうも困った様子だったが、朝鮮王朝時代の王の居室っぽい雰囲気を再現した部屋に案内してもらって着替えを済ませた。

羽田空港のロビー以来でミエちゃん夫妻と合流し、芳名帳に名前を書き、受付近くにいたヒョンのお母さんと弟さんに挨拶したところで、なにやらネクタイの結び方が気に入らないとテンパっているヒョンが現れて式場内の日本人友人席に手ずから案内してくれた。結構大きな会場の正面には祭壇っぽいステージが設えられ、会場を二分する形で文字通り花で飾られた花道が伸び、その両側に約10卓ずつの円卓が並んでいる。参列者は百数十人といったところか。我々はステージに向かって右手の前から2番目の円卓に着席した。

さて、ほぼ時間通りに結婚式が始まるわけだが、日本の結婚式と韓国の結婚式との様々な違いが非常に興味深かった。時間軸に沿って書き連ねると冗長なので簡潔に列挙したい。ただし、今回の式の準備はほとんどヒョンのお母さんがやったとのことなので、いま現在の標準的な韓国式の結婚式よりは昔に近いタイプかもしれないということを留意しておきたい。

・お母さんの友人:参列者の半数近くはヒョンのお母さんの友人だったらしい。お母さん企画の式だから当然という気もするが、韓国の結婚式では新郎新婦の友人よりも親の友人が参列することのほうが一般的らしい。

・仲人が儀式進行:花道を歩いてステージに上った新郎新婦。司会が簡単な紹介をしたあと、スーツ姿の男性が壇に立って2人の来歴や結婚に関する話を15分ほど話し、そのまま指輪交換が行われた。神父さんに違いないと思っていたのだが、あとから聞いたところによると彼は仲人(ヒョンの学部・院時代の先生)なのだった。

・乾杯なし:円卓の各席にはジャスミン茶が用意されていたが、一連の儀式が終わるまで酒はなし。そして乾杯も行われなかった。

・スピーチもなし:あっさりしてるがありがたい。

・写真大会:新郎新婦に席はなく、皆が次々と出てくる中華料理を食べているあいだもひたすら写真を撮られている。私は一応の写真係を仰せつかっていたので事あるごとにカメラを持って前に出て行ったが、韓国人で写真を撮る人は(同じく写真係だったヒョンの弟さんの友人を除いて)皆無だった。

・あっさりケーキカット:一瞬で終わった。前述のように写真を撮ろうとしてたのも写真係の2人だけ。

・ブーケトスのリテイク:友人たちと写真を撮ったあとでブーケトスをすることになった。が、未婚の女性がカツキさんくらいしかいなかったのでカツキさんに向かって投げるという出来レースに。横向きにブーケを投げるキョーコさんだったが加減がうまくいかず、写真を撮るために2回リテイクして3回目にようやくキャッチできた。

・三々五々解散:新郎新婦がお色直しで韓服に着替えて戻ってきて、各円卓を挨拶回りし始めた。このころには食事も終わっていたのだが、挨拶が終わった卓から参列者が三々五々帰り始めて驚いた。式典というよりはディナーショーというか食事会というかそんなノリなんだろうか。

・別室にてまた写真:式がダラリと終了したのち、冒頭で我々が着替えさせてもらった例の部屋にて国王と王妃を模した豪華な衣装をまとった新郎新婦の写真撮影が行われた。親族や友人も交えて何枚も撮られる。

・二次会なし:そもそも新郎新婦の友人があまりいないので決まった二次会もない。しかしヒョンが気をつかって日本人参列者のための二次会会場を設定し、キョーコさんのお父さんやおじさんも交えて10名余りで飲むことになった。

おおむねこんな感じ。式の食事は(これまで韓国で食べた中華に比べれば)日本風の中華に近くて美味かった。「8人座れる円卓に出てくる海老の丸揚げが6匹」とか微妙な適当感もあったが。キョーコさんのウェディングドレス姿は非常に美しかったが、それにも増して韓服(いわゆるチマチョゴリ)姿が似合いすぎていて参列者(特にお母さんの友人方)からも口々に誉めそやされたという。

二次会会場に移動する前に、受付スペースに置いてあった我々の荷物がなくなっていてヒヤリとしたが、弟さんたちが外の車の中に移動してくれていただけだった。

【二次会編に続く】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ