◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2009/10/5

映画数行感想3題  趣味

ツタヤの半額チケットで借りた4本のうち『スカイ・クロラ』を除いた3本の短い所感。基本いい映画でよかったよかった。

■アイアンマン
いやあトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)格好いい。悔しいけど格好いい。アイアンマンも格好いいのだが、完成したアイアンマンが活躍するシーンと同じくらい組上げる過程をしっかり描いていて、「男の子」ならば絶対好きになる映画だろう。最後の決着には若干納得いかないものもあったが総合的にはかなり好きだ。続編も楽しみ。

■ぐるりのこと
震えが止まらなくなるほど素晴らしい映画。この世には様々な苦痛を抱えながら辛うじて救われる人も決して救われない人もいて、それらすべてに注がれる優しい眼差しをリリー・フランキーが体現している。時間経過の描写などにも感心したが、とにかく人々に対する静かで平等で優しい視線に震えるほど感動した。『おくりびと』よりはるかに良い。アカデミー賞も見る目ないね(棒読み)

■ゼアウィルビーブラッド
別の意味で震えが止まらなくなる良い映画。これに関してはちょっと何と言っていいかわからない。怖いし可笑しいし、何よりダニエル・プレインビューの存在が哀しい。ラストシーンでは、オ○ラの泉の人とかがスポンサーの前であの台詞を言わされている様を想像して笑ってしまった。ほんとアカデミーは見る目(ry
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ