◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2011/5/20

ナヴィガドール:K○EIが版権買ってもおかしくないレベル  遊戯

あれですか、カタカナ表記論争に突撃ですか。
クリックすると元のサイズで表示します何をいきなり物騒なこと言ってんの?
だってこのゲームの国内流通名は『ナビゲーター』でしょう? わざわざポルトガル語発音準拠にするあたり、ねえ。
クリックすると元のサイズで表示しますいや、べつに表記や邦題なんて好きにすればいい派なんだが、個人的に『ナビゲーター』ってタイトルが嫌だったんでね。
と言いますと?
クリックすると元のサイズで表示します20数年前に同名のSF映画があってな、小学生だった私は高松の親戚のところに遊びに行ったときに映画館で観たんだが、主人公の少年が当時の私にそっくりで従兄弟たちにずいぶんからかわれた思い出が……
わりとしょうもないトラウマですね。
クリックすると元のサイズで表示しますさて、このゲームはいろんなブログで熱く語られてるので、いまさら私が付け加えることも特にありません。代わりと言ってはなんですが、BGGのフォーラムから拾ってきた「デザイナーによるルールの注意点」、「デザイナーによるヴァリアント」、「ソリティアルール案」を訳出してみました。ご参考までに。

大航海時代ですねえ〜。
クリックすると元のサイズで表示しますこの浪漫がエシャ君にもわかるかね。海賊と食料不足と嵐に怯えながらアフリカ沿岸を走るスリルが。ガレオン艦隊を組んでスペイン無敵艦隊を海の藻屑にする快感が……
ゲームが違ってますよ。
クリックすると元のサイズで表示しますおっと! まああれだ、アフリカを回りインドに辿り着き東南アジアを抜けて日本に至るまでの航路を開拓しつつ、植民地獲得や工場運営や教会建築やらで勝利点を稼ぐゲームだ。2〜5人用。
『インペリアル』とかから受け継がれたロンデルシステムの最新作ですよね。
クリックすると元のサイズで表示しますそう、8つのアクションが書かれた円の上でコマを回して行動を選択する。4マス以上回そうとするとコストがかかるから手番ごとの選択肢は絞られているし、先々のアクションを見越して計画立てとかなきゃならないし、他のプレイヤーの動きも読めて面白い。

クリックすると元のサイズで表示します
【メインボード中央下の円がロンデル】

クリックすると元のサイズで表示しますで、未知の海域を探検したり、各地で植民地を獲得したり、工場で砂糖や香辛料を生産したりしながら自分の資産や業績を稼いでいく。それらが最後に勝利点として換算されるわけだが、ゲーム中に取得した各種「恩恵」のポイントを稼いだ項目の数に掛け算する。
写真でいうと右側の個人ボードに5列ある部分ですね。
クリックすると元のサイズで表示しますそうそう、例えば右端の教会は恩恵が7点あって、教会の建物は3個あるから21VP分になる。
てことは満遍なく上げるよりは一点集中ですね。
クリックすると元のサイズで表示しますとも限らないかもね。確かに全部上げるのは厳しそうだけど、他のプレイヤーとかち合ったら一点集中型はボロボロになるだろう。この辺、プレイヤー間の絡みが効いてくるところだと思う。まだ2人プレイしかしてないんであれですけど。
というわけでhiroceanお気に入りの名作とのことです。お勧めです!
クリックすると元のサイズで表示しますちょ、もうまとめ!? 何気に呼び捨てにしてるし!
いいんですって! 誰もこんなグダグダな感想読んでませんから。さっさと翻訳に進みましょうよ。
クリックすると元のサイズで表示します



というわけでBGGのフォーラムから訳したものです。誤訳等のご指摘ありましたらコメントからお願いします。


見落としがちなポイント◆ by Mac Gerdts

・工場を稼働させるときに対応する植民地を持っている必要はない(工場は市場から原料を買うので商品価格が上昇する)。

・商品の種類ごとに、植民地からの売却か工場での生産かを選ぶ。ある商品を売却すると同時に生産することはできない。

・未到達の海域を探検するとき、少なくとも1隻の船が探検した海域に残っていなければならない(ポルトガルのために地図を描くのだ)。

・「航海」アクションで一度に探検できる海域は1つまで。例外は航海王子カードと「航海」を組み合わせたときのみで、1ターンに2海域を探検できる。

・船はポルトガルに向かって進んでもよい。

・航海王子カードは一番最初のラウンド中には使用できない。

・ロンデルを一周してオレンジ船が置かれたマスに入るときに航海王子カードを使用してもよい。

・航海王子カードを使って長崎に到達したプレイヤーも最後のターンを行うことができる。すなわちロンデルのアクションを通常通り行い、他のプレイヤーが最後のターンを終えてからもう一度アクションを行う。

・プレイヤーはロンデルで選択したアクションを強制されない。例えば、「恩恵」のマスに入って恩恵を取得しなくても構わない。

・新たなフェイズに入ったとき、恩恵トークンはゲームボードに示された数(=新フェイズ開始時の各恩恵の枚数)まで補充されるだけである。

・雇用や造船のときに労働者9や船7隻を超える場合、まず超過分1つにつき50クルザードを銀行に支払ってはじめてそれぞれ100クルザードで銀行に売却できる。


王の恩恵ヴァリアント◆ by Mac Gerdts

ロンデルで「恩恵」マスに入ったとき、通常どおり恩恵トークンを(労働者1を支払って)1枚得る代わりに、何も支払うことなく自分の「王の恩恵」トークンを獲得してもよい。王の恩恵をプレイヤーシートに配置し、通常と同じ現金ボーナス(およびゲーム終了時のVP)を得る。各プレイヤーは王の恩恵を1枚しか持っていないため、この選択はゲーム中に1回しか行えない。ゲーム終了までに配置しなかった王の恩恵は未使用のまま残り、VPに換算されない。

このヴァリアントによって、ゲーム開始直後から王の恩恵に意味を持たせることができる。どうしても労働者を減らしたくないプレイヤーや労働者2で恩恵を選んだプレイヤーにとっては救いとなる。ギャラリーが空の場合の選択肢ともなるはずだ。

注意:早めに王の恩恵を使えばリスボンの労働体制を確立するのに役立つだろうが、終盤の状況に対応する柔軟性を犠牲にするだろう。かといって、くれぐれも使い逃して無駄にすることがないように。


ソリティア◆ by Elad

・以下の変更点以外は通常のルールに従う。できるだけ多くのVPを稼ぐことが目的。

・自動プレイヤーのために船1隻とロンデル用のコマ、六面体サイコロ1個を準備する。

・自分の第1ターンを通常どおり始める。ロンデルの反対側に自動プレイヤーのコマを置き、以下のように処理する。
(サイコロの振り方:D6→出目のまま、D3→1-2=1;3-4=2;5-6=3)

雇用/造船:何もなし。
航海:長崎に向けて進める。
市場:商品(D3)、価格の上下(D6:1-3で下落、4-6で上昇)、変動数(D3)を決める。
建築:D6で決めた建物を1つ取り除く(6と空になった列の目は振り直し)。
恩恵:D6で決めた恩恵を1つ取り除く(6となくなった恩恵の目は振り直し)。
植民:船がいる地域の植民地を安い方からD3個取り除く。探検家マーカーが残っていればそれも取り除く。

・以下、自動プレイヤーの手番にはロンデルをD3マス進める。航海王子カードは使用しない。
1



2011/5/22  0:08

投稿者:hirocean

そうそう、「D3」だけでわかるだろってスルーするところでしたよ。セミコロンで区切ったのが見辛かったかもしれません。仕事がヒマになったらソリティアをガンガン回してみようと思っとります。

2011/5/21  20:21

投稿者:カインのしるし

こんばんは。毎度、目の付け所がステキですねぇ。 『ソリティア』のサイコロ表記は TRPGをかじってないと !? となりますね。 まぁ、殆どの人は分かると思いますが。 (1)D3 のあたりは変な数式に見えてしまった残念な私です。(疲れてるのかな?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ