2007/10/26

がんばれ亀田興毅!  出来事

 今日は、朝から晩まで例の亀田興毅選手の謝罪会見がニュースとなっていました。あの世界タイトルマッチ、私もテレビで観戦していましたが、始めは亀田大毅選手側の応援についていました。しかし、試合が進むに連れて、若者が果敢にチャンピオンに向かっていく姿とはかけ離れ、アンフェアな行為が目に付きだし、最終ラウンドはなんと前代未聞のあの反則行為。がっかりしたというか、腹が立ってしかたありませんでした。
 さて、今日の謝罪会見の長男・興毅選手、いろいろ賛否両論あるでしょうが、この長男・興毅選手については、一言、よくがんばったなというのが感想です。会見で本人も言っていましたが、早く気持ちを入れ替え再び練習に励み、ニュー亀田をリングの上で見せてほしいものです。
 ところでこの会見の中で興毅選手は、父史郎氏について「みんなには悪いように見られているかもしれないけど、世界一のオヤジやと思ってる」と述べ、かばう姿勢を見せたシーンは結構しびれました。それが計算された一言であったとしても・・・。(私かなり単純なんで、そうは思っていませんが。)私自身、3人の子どもたちに「いい親父」程度は言ってもらえるかもしれませんが、果たして「世界一のオヤジ」とまで言ってもらえるでしょうか。これを読んでいただいている私と同じ「オヤジ」の皆さんはいかがですか?
 最後に腹が立ったことを一つ。謝罪会見でのあの記者?たちの質問!質問の最初のほうは、あれはスポーツ新聞などの記者ではなく、ワイドショーの芸能レポーター?。なんでボクシングに関する謝罪会見なのに、1番先に勇んでいたのがワイドショーの芸能レポーターなんですかねぇ?順番違うでしょう?皆さん仕事だから仕方ないですが、始めえらく強気に出て、親のことで興毅選手が声を詰まらせたら一転トーンを下げて泣かそうとしたのはアリアリ。「あーあっ。」って感じでした。あのような亀田家を話題に、マスコミも思いっきり持ち上げてたんでしょうに・・・。
 亀田興毅、いや亀田3兄弟、一から出直して皆が認める真のチャンピオンに!それが男でしょう!
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ