2007/10/30

いまに取り残される  出来事

 先般の政和会の視察で、京都市のバイオディーゼル燃料化事業について勉強してきたことを報告しましたが、神奈川県内でもどんどんと動きが出てきてますよ。今朝の神奈川新聞をご覧になられたでしょうか?
 新聞によりますと、お隣の厚木市では、29日から学校給食の食用廃油を精製したバイオディーゼル燃料で走るごみ収集車の運用を始めたとのことで、今回導入されたのは1台、今後他の公共施設や民間から廃油を集める制度づくりを進め、運用するごみ収集車を増やしていくということです。
 来月よりガソリン、灯油がさらにまた値上がりするということです。もうバイオディーゼル燃料化事業は珍しいものではなく、「次代」ではなく「時代」のものとなっているんです。まだ、スタートラインにも立っていない座間市、いまに取り残されないか心配です。私たちもさらに勉強し、行政に対してもっと積極的に提言しなくてはいけないと思った今日この頃です。

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ