2012/2/12

平成24年新春の集い  活動報告

 午後1時から後援会の主催による毎年恒例の『伊田まさひこ新春の集い』を座間神社の神社会館「すいめい」で開催していただきました。
  この時期は寒さ、運が悪ければ 雪が降るなどの心配もありますが、穏やかな晴れ天候に恵まれ、後援会会員の方々を中心に、多くの皆様にお集まりいただきました。
 新年の挨拶では、「皆さまのお力で市政に参画して今年で8年目、2期目の4年目ということで“起・承・転・結”の“結”。まさに第2幕の“〆”の年であります。まずは現職の議員として9月末の任期までしっかりと“仕事”をすることが第一義だと考え、安心・安全そして住みよいまちづくりに関しての課題解決はもちろんのこと、例えば本市だけに限ったことではありませんが、市税収入はほぼ横ばいで推移しているものの、生活保護、医療扶助などのいわゆる扶助費の年々増加による近年より続く市財政の問題、またキャンプ座間返還跡地への総合病院の誘致、最近新たに取り組み始めた同じくキャンプ座間返還跡地への消防庁舎移転・新設などなど、市民の皆さまのために、市民の皆さまの代表として数々の議論をしていかなくてはなりません。」といった旨のお話しをさせていただき、結びに「最後まで“全力疾走”、これからも“全力疾走”!」と皆さまにお誓い申し上げました。
 限られた時間ではありましたが、終始和やかな雰囲気の中での『新春の集い』となりました。

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ