2012/2/24

平成24年座間市議会第1回定例会開会  議会

 昨日午前9時より平成24年座間市議会第1回定例会が開会いたしました。
 開会後、早速今定例会に上程された平成24年度座間市一般会計予算を始めとする33議案の提案説明に入り、休憩を挟み、提案説明が終了したのは11時35分頃。先日報告していたとおり、各会派代表の総括質疑のトップは政和会を代表しての私でしたが、あらかじめ議会事務局に伝えてあった私の第1回目の質疑時間は約35分。とても微妙な午前中の残り時間でしたが、結局私の質疑は、(私が勝手に)予想していたとおりに昼食休憩をとった後の午後一からとなりました。
 午後1時の再開と同時に、小野議長から私に総括質疑の発言を許され、質疑、答弁、再質疑、再答弁と約1時間50分の時間を使わせていただきました。再質疑では、教育関係、下水道関係の答弁に対する意見を簡単に述べ、市長に答弁を踏まえ子ども手当て、生活保護制度などの国の政策についての地方自治体の長としての総括的な意見、改定された『キャンプ座間チャペル・ヒル住宅地区返還跡地利用構想』実現に向けた24年度の意気込みなどを伺い、細かいことは各常任委員会に配属されている各委員に託することとしました。
 次に登壇されたのは、市政クラブの池田議員で、この日の総括質疑は2人、4時半頃に延会となり、そして本日9時から日本共産党、神奈川ネット、市民連合、公明党の順に各会派の代表が登壇され今定例会の総括質疑は終了しました。
 さて来週1日より一般質問が始まりますが、今回の自身の一般質問については、一応の準備はできていましたが、もう少し深めたい部分もあったことから今回は見送ることとしました。以前にも申し上げたとおり、2期目の今は、自分としてあまり納得いっていないものは無理にやらないことにして、再度練り直してから次回の機会に臨みたいと思います。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ