2012/3/19

ゲームが進むにつれ・・・。  野球

 昨日の日曜日、朝8時半から 座間市野球協会審判部の審判講習会が座間高校グラウンドで開催されました。
 先月26日に市学童部の審判講習会があったように、市協会審判員も、いよいよ迫った春のシーズン開幕前に、審判員としての基本事項を改めて確認するとともに、よりハイレベルな審判技術を習得するために、県連からご指導をいただく技術員の方を招いて実践的な講習を実施するものです。GOOD!
 しかし、前日の土曜日に1日降り続いた雨の影響で、グラウンドはたっぷりと水を含んで最悪。実際にゲームを行っての実践的な講習にはとても厳しい状況で1日“座学”かと思われましたが、座間高校野球部員たちの懸命なグラウンド整備のおかげで、午後からは座間高校野球部による紅白戦の中でなんとか実践講習を行うことができました。
 ところがゲームが進むにつれ、マウンド、バッターボックス、ポジション位置、各ベース付近など、どこもかしこもひどくぬかるんで、大袈裟に言えば田んぼの中で野球をやっているような状態。プレーする選手も、ジャッジのために動く審判員もあまりの足場の悪さにとても苦労していました。「今日のような状況でのジャッジメントも当然想定されるので・・・。」と、“閉校式”の際に技術員さんが話されていましたが、これは当然選手たちにも言えることであり、今後、双方ともこの日の経験が何らかのかたちで活かされれば幸いです。
 さあ、来週25日から市社会人春季大会がいよいよ開幕します。大会運営に最大のご貢献をいただく学童部を含めた審判団の皆さまには、1年ケガなくご協力をいただくことを願っています。また、座間高校野球部の皆さんも、24日から春季大会の地区ブロック予選が始まるとのことです。ぜひ素晴らしい結果を残していただきたいと思います。^v ゜
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ