2007/12/23

サンタクロースのお仕事  プライベート

 明日はクリスマス・イブですね。皆さんはどのように過ごされるのでしょうか。我が家は、まだ幼稚園の男の子がいるので、女房の手作り料理で彼中心のささやかなクリスマスパーティーを開いています。
 そのパーティー自体はさておき、やはり子どもたちの関心は何と言ってもクリスマスプレゼント。すべて“オーダー制”になっているのですが、恒例により、おじいちゃん、おばあちゃんからはそのパーティーの時にプレゼントが“授与”されます。ねえちゃん、にいちゃんは、嬉しいには変りませんが、もう年齢的にも落ち着いてその時を待っています。しかし、幼稚園児の末っ子は、目をお星様のように輝かせてニヤニヤそわそわ落ち着かないのは、きっとご想像いただけることでしょう。一方、私たち夫婦からのプレゼントは「公式」にはなく、信じる信じないは別としてすべてサンタさんからということで(おませな末っ子は、すでに微妙な領域ですが・・・。)、イブの晩にそっと子どもの枕元にプレゼントを置いておきます。
 先に言ったようにプレゼントが“オーダー制”なので、苦労するのはその“仕入れ”なんです。仕入れがクリスマス・イブぎりぎりになり、もしオーダーのあった商品が売り切れていたりしたらもう大騒ぎで、女房とふた手に分かれて商品探しに師走の街を走り回ったことも過去に何度かありました。それが本当の“サンタクロースのお仕事”なんです。
 今年の準備はOK!明後日の25日の朝、枕元のクリスマスプレゼントを見つけ
「パパー!ママー!サンタさんからクリスマスプレゼントが来たー!」
と叫んで、今年もベッドから飛び起きて来てくれるだろう?末っ子の顔が今からとても楽しみです。

 
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ