2008/1/25

過去の一般質問から・その7の2について  一般質問

 平成19年第2回定例会一般質問の2項目目は「キャンプ座間米軍再編について」として、NHKの総合テレビで放映された参議院の外交防衛委員会での駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法案を議題としたその質疑・答弁のやりとりの中で私が気になったことについて市長のご所見を伺ったものです。
 しかし、これはその5月当時のもう既に過去のことであり、平成18年5月の最終報告前から国に回答を求め続けている「基地恒久化解消策」は何も示されないまま、その後11月には国からの米軍再編交付金について反対の座間は除外されると発表されるわ、12月19日には米陸軍第一軍団前方司令部の発足式が開かれるわと、残念ながら事は着実に進行されてしまっているのが事実です。なぜ、国は話し合いのテーブルさえ設けようとしないのでしょうか?
 
 このブログの開設以来書き込んでまいりました「過去の一般質問から」シリーズは今回で最終回となります。ブログ開設前の一般質問についての書き込みはすべて終わりましたので、これからは定例会ごとの「一般質問」シリーズとしてご報告をしてまいります(既に2定例会)。
 平成19年第4回定例会までを入れるとこれまでの一般質問の機会は13回あったわけですが、私の一般質問での登壇回数は9回を数えました。もちろん一般質問が議員活動のすべてでないことは承知していますが、鋭いアンテナを伸ばして市民の皆さんからの情報もこれまで以上に収集し、しっかりと勉強もしたうえで、今後さらに“中身のある”質問をしてまいりたいと思います。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 
 
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ