2008/1/27

さらに熟慮を・・・。  活動報告

 午後1時30分から鈴鹿参集殿で星野市長の賀詞交歓会が開催され出席をさせていただきました。今年は偶然でしょうが、鈴鹿参集殿での新年会関係が、青年会議所、商工会・工業会、そして今日の市長と3連チャンになりました。虫がいい話かもしれませんが、これだけ年明けから鈴鹿神社に伺えば、ちょっとしたご利益を期待したりもしてしまいます。
 さて、今日の賀詞交歓会で出席された皆さんが興味津々であったのは、やはり星野市長からの新年の挨拶で、もしや市長ご自身の口から自分の進退について何か語られるのではということにあったでしょう。しかし、さすが市長も心得たもので、挨拶の終わりの方に「皆さん、私が自分の進退について何か話をすると期待されているでしょうが・・・。」と前置きをしてうえで、結論としては「もう少しさらに熟慮を・・・。」ということでありました。
 私は今日の席では市長ご自身の進退に関する話しは「ない」と読んでいました。その理由は、これから今年の第1回定例会、つまり平成20年度の予算議会を迎えることと、国に回答を求め続けているにもかかわらず、何も示されないままのキャンプ座間の「基地恒久化解消策」の問題が残されていることからです。この時期では、いずれにせよ自分の進退を明らかにする「“タイミング”ではない」と思っていられると推測するわけです。
最近、以前にも増して会う人会う人に
「星野市長、次はどう考えているの?」
と聞かれるのですが、
「伊田さんは?」
って聞く人はまずいらっしゃらないです。それは私がまだ1期目の議員といことからでしょうが、これ本当の話なんです
 
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ