2010/9/15

民主党代表選挙  国政

 民主党代表選挙の結果、菅首相が再選をされました。
 民主党は昨日の午後、臨時党大会を開き、任期満了に伴う党代表選挙で所属国会議員の投票が行われました。11日までに郵送された党員・サポーター票、地方議員票とともに開票された結果、菅直人首相が小沢一郎前幹事長を上回って党代表に再び選ばれたものです。
 投票の結果は、菅首相は党員・サポーター票249、地方議員票60、国会議員票412の計721ポイントで、一方の小沢氏は党員・サポーター票51、地方議員票40、国会議員票400の計491ポイントということで、合計ポイントの数字だけを見れば菅首相の圧勝ということでしょうが・・・。
 一部マスコミなどでも報道されているように、党員・サポーター票で大差がついたのは、“政治とカネ”に関わる問題もさることながら「たった3ヶ月でまた首相が代わるのは・・・。'_';」という非常に消極的な理由も作用しているのではないかとの分析もされており、今後の政治運営を考えれば、それより注目されるのは、やはり議員6人の差しかなかった党を二分した議員票の結果でしょう。
 再選をされた菅首相は「元気な日本にもう一度作り直して、次の世代に渡していく。その仕事をみなさんのご支持、ご支援をいただいて本当に命をかけてやらなければと決意を新たにした」と挨拶をされ、また「選挙が終わりました。お約束したとおり、ノーサイド!」と笑顔で“挙党態勢”を強調されていましたが、今後、内閣改造、党役員人事を行っていく中で、当然小沢氏を始め、その小沢氏支持に回った人たちの処遇についても焦点とされ、本当に“挙党態勢”とうかがえる形がとれるのか注目されます。
 今回の民主党代表選挙で、菅首相と小沢氏がそれこそフリーな状態で政権構想を戦わせたことは間違いなく、それはそれとして評価されていることは理解していますが、あそこまで両極となったので「本当に大丈夫?」と?マークが付くのが私だけではないと思います。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ