2010/10/18

ちょっとがっかり  出来事

 5月の中旬だったでしょうか、『議員でも金???』というタイトルで、柔道女子の五輪金メダリストである谷亮子氏が、民主党から夏の参議院議員選挙比例代表への立候補表明したことについて、ちょっとした“コメント”をさせていただいたことがありました。それは同時に「ロンドン五輪でも金メダルを目指す。」と現役続行の意向も示していたことから、「五輪を目指す柔道選手、議員立候補、子育て、この“3足のわらじ”をご本人はどう考えているんでしょう?」という内容のものでした。
 先日、晴れて現在参議院議員となられたその谷氏が会見を開き、「競技生活の第一線から退く。今後は国政に専念し、スポーツの振興と環境づくりを行う」と語り柔道選手としての現役引退を表明されました。
 超一流のアスリートだっただけに、谷氏にとってのこの決断は大変なものであったと思いますが、現職の国会議員としては仕方のないことでしょう。国会議員となられてわりと早い段階での決断を、私としては「やっぱりそうだよ。」と一度は好意的に受け止めたものでしたが・・・。
 ところが、その会見後の記者たちの囲み取材では、「16年のリオデジャネイロ五輪に向けて復活はあり得ます!頑張ります」と大どんでん返しとなるような発言も飛び出したとか。´Д`
 日本スポーツ界での女性の環境などを考えての発言でもあったようですが、なにもこの日に言わなくてもいいのにとちょっとがっかり。今日は柔道に対する想いは心に秘めて「国会議員としてスポーツの振興と環境づくりに邁進します!」とだけ言って欲しかったものです。 
 私がここまで谷氏の動向に関心を持つのは、正直言って柔道家としての“ヤワラちゃん”を1人のファンとしてずっと応援していたからです。オリンピックで金メダルを逃した時の表彰台での悔しさいっぱいの表情、見事に金メダルを決めた瞬間、どちらの時もテレビの前で目頭を熱くしたものでした。
 議員の仕事はそれだけではないですが、正式な会見のとおり、とにかくスポーツ振興にも本気で力を注いでいただきたいものです。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ